このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第201回

「OPPO Reno3 A」は防水・おサイフと日本仕様満載の十分すぎるミドルスマホ

2020年06月16日 11時00分更新

文● 中山 智 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本市場向けの機能はそのままに
カメラが4眼になり使い勝手向上!

 日本市場向けにデザインされ、市場でも評価が高かった「OPPO Reno A」。その後継モデルとして「OPPO Reno3 A」がSIMフリーモデルとして登場した。引き続き日本市場向けというコンセプトはキープしつつ、カメラはクアッド仕様になるなど、前モデルから約半年でのリリースとはいえ、強化されているポイントも多い。

日本向けモデルとして登場したOPPO Reno Aの後継モデル「OPPO Reno 3 A」

 ディスプレーサイズは6.44型(1080×2400ドット)で、アスペクト比は20:9。有機ELパネルを採用しており、発色も良くドット感もない精細なディスプレーで非常に見やすい印象だ。ディスプレー上部にディアドロップ型のノッチはあるものの、大きくないのであまり気にはならない。

本体上部にティアドロップ型のノッチがある

 ベゼルは上部と左右がナローで、下部の方は若干厚みがある。といっても十分狭額縁の部類。そのため画面占有率も高く、今時のスマートフォンに仕上がっている。

手になじみやすいデザインをしている

 本体カラーはホワイトとブラックの2色展開。レビュー用に貸し出されたモデルはブラック。サイズは約74.1×160.9×8.2mm。エッジに丸みを帯びた処理が施されているので、しっかりとグリップしやすいデザインだ。

ブラックモデルの背面はかなり光沢がある

本体の厚さは約8.2mm

カメラ部分は約9.5mmなので、約1.3mmの突出

重量の実測値はSIMカード装着状態で約177g

 ちなみに、製品にはクリアケースも同梱されているので、別途ケースを購入する必要はない。Android系のケースはあまり種類がないこともあり、あらかじめ付属しているのはありがたい。

左が本体に付属するクリアケース

 本体右側面に電源ボタン、本体左側面に音量ボタンを配置。本体下部にはUSB Type-C(USB 2.0)とイヤホンジャックを装備。イヤホン・ヘッドホンは有線派だというユーザーにはうれしいポイント。

本体右側面には電源ボタン

本体左側面に音量ボタンを配置

イヤホンジャックも装備している

 バッテリーは約4025mAhで連続通話時間は約1260分。充電はOPPO Find Xなどに採用されているOPPO独自企画のSuper VOOCではなく、クアルコムのQuick Charge 2.0に対応。最大18Wでの充電が可能で、付属の充電器も出力が最大9V/2Aとなっている。

付属の充電アダプターはType-A端子で、Type-A to Type-Cのケーブルが付属する

充電時の計測では、最大の18Wに近い数値が出ていた

 前モデルのOPPO Reno Aは日本市場向けに開発されたモデルといわれており、OPPO Reno3 Aも、日本市場に合わせた機能や性能を搭載。前モデルから引き続き、おサイフケータイ機能が利用でき、各種決済サービスなどが利用できる。また防水・防じん性能もIPX8/IP6Xに準拠。水濡れなどを気にせず使える。

デュアルSIM仕様で片方はmicroSDとの排他使用

 生体認証として顔認証とあわせて、指紋認証センサーをディスプレー内に搭載。画面をタッチするだけでロック解除ができる。マスクをしていても問題ないので、昨今の状況ではありがたい機能といえる。

ガラス内の指紋認証センサーを装備

CPUのランクが下がったのは残念だが
メモリーとストレージはハイエンドに匹敵

 プロセッサーはSnapdragon 665(オクタコア、2.0GHz×4、1.8GHz×4)を採用。前モデルのOPPO Reno AはSnapdragon710とワンランク上の7xx番台のプロセッサーを搭載していたので物足りなさは感じるが、メモリーは引き続き6GB、内蔵ストレージは128GBとハイエンドモデルに匹敵するスペック。

 特にメモリー6GBの効果も大きく、画面スクロールやアプリの起動、切り替えにもたつくことはなく、スムーズに操作できた。本体の性能を効率良く活用できるアプリ「ゲームスペース」や、バッテリーの設定には「高パフォーマンスモード」も用意されているので、3Dゲームなど動作のヘビーなアプリでも設定次第ではプレイできるレベルだ。

※初掲出時、プロセッサーの型番が間違えておりました。訂正してお詫びいたします。2020年6月16日

ゲームスペースでゲームアプリ起動時のカスタマイズが可能

バッテリーの消費は増えるが、高パフォーマンスモードにすれば、ポテンシャルを十分発揮させられる

 各種ベンチマークの結果は下記のとおり。最近のSnapdragon 8xx番台のようなハイエンドのプロセッサーに比べるとCPUやグラフィックの数値は落ちるが、実際の使用感は数値ほどの酷くはなく、十分実用できると感じた。

Geekbench 5

3DMark

PCMark

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン