このページの本文へ

MacOS上で簡単にWindowsOSを構築できるソフトを添付した小型SSD

2020年04月23日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジテックINAソリューションズは4月23日、小型軽量デザインの外付けSSD「LMD-SPAU3M」シリーズを発売した。価格はオープン。

 240GB/480GB/960GBの3モデルをラインナップ。全モデル共通して、名刺よりも小さい手のひらに収まるサイズで、重量はわずか25g。出張や外出時に手軽に携帯できるという。

 MacOS上で簡単にWindowsOSを構築できる「Parallels Desktop for Mac Pro Edition(1年ライセンス)」を添付。Mac標準のBootCamp機能とは異なり、MacOSとWindowsOSを切り替えずに、MacOS上でWindowsOSを実行できる。

 同社で検査・Mac標準の「Mac拡張フォーマット(HFS+)」にフォーマットした後に出荷するため、手もとに届いてからすぐにMacで利用できる。

 macOS Catalina(10.15)、macOS Mojave(10.14)、macOS High Sierra(10.13)、macOS Sierra(10.12)に対応する。

 USB3.2 Gen1(USB3.0)対応のUSB Type-Aケーブルに加え、USB Type-Cケーブルの2種類のUSBケーブルが付属。USB Type-Cポートしか搭載していないMacでも、変換アダプター不要で使用できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース