このページの本文へ

ASCIIゲームレビュー語録 第36回

街で大暴れできるなんて、まさに「グランド・セフト・鹿」?!

「ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator」で自由度高めのスロー鹿ライフを満喫! この鹿、ごく普通なんです

2020年04月01日 15時30分更新

文● 市川 ●編集 ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ごく普通の鹿を操作する「ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator」を、ごく普通に紹介

 Gibier Gamesが手がけた「ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator(以下、DEEEER Simulator)」は、文字どおり「ごく普通の鹿」を操作するだけのシミュレーションゲーム。1月21日からSteamで配信されており、1300円でごく普通のスロー鹿ライフを満喫できる。

 クラウドファンディングを経て1月に配信されてから、多くのゲームファンを魅了し続けるDEEEER Simulator。今回は、本作の魅力をごく普通に掘り下げていきたい。

ごく普通の、グランド・セフト・鹿

ごく普通の鹿を操って、ごく普通の街を自由に探索しよう

 冒頭でも述べたように、DEEEER Simulatorはごく普通の鹿を操作するゲームである。プレイヤーはごく普通の鹿に扮し、ごく普通の街を自由に探索することが遊びの目的だ。実にわかりやすいゲーム性に加え、操作も簡単なのですぐに馴染めるはずだ。

首を伸ばして素早く移動。これはごく普通ですね

二足歩行で人間のように走れる。これもごく普通なんです

もちろん車にも乗れる。これもまたごく普通なんですね、はい

 本作に登場する鹿は、首を伸ばして素早く移動したり、車やスクーターを操縦できる。人間みたいに二足歩行で疾走できるうえに、鹿らしく角を使って攻撃することだって可能だ。

馬などの動物に乗って移動

銃を装備すればシューティングゲームに大変身

ある条件を達成すればロボットを操縦することも可能だ

 「いやいやこれ鹿じゃないでしょ!」とツッコみたくなるだろうが、それは大きな間違いだ。何度もいうが、本作はごく普通の鹿のゲームである。ゲーム内で描かれる摩訶不思議な現象は、この世界においてはごく普通のことなのだ。牛や馬などの動物に乗ることも、銃を撃つことも、ロボットを操縦することも同様である。初めてプレイする際は、鹿が持つポテンシャルに圧倒されることだろう。

街を破壊しまくると鹿災害レベルが上昇。画面右上にあるアルファベットが鹿災害レベルを指している

鹿災害レベルがアップすると、羊やシロクマ、ウサギ、犬などの警官が出現し、鹿に襲い掛かってくる

 本作には「鹿災害レベル」という概念がある。実をいうと、街にある建物やオブジェクトは自由に破壊できる。ただ、あまり破壊しすぎると鹿災害レベルが上昇し、警察に追われる羽目になる。レベルごとに登場する警察は、可愛らしい羊の警官(レベルD)や、パトカーを背中に乗せたシロクマの警官(レベルC)、レーザーライフルを持ったウサギの警官(レベルB)とさまざまだ。

レベルAに到達すると出現する警官「イッヌ」。戦隊ヒーローのロボット並みのサイズで、かなりの強敵

 3月に実装された「レベルA」に到達するとイヌが登場するのだが、羊、シロクマ、ウサギと合体し、巨大ボス「イッヌ」としてプレイヤーに襲い掛かってくる。警官たちを倒すのも本作の楽しみ方のひとつである。まさに「グランド・セフト・鹿」といえよう。

最強の敵はジャイアントコアラ! 一度手を出したら最後、死を覚悟した方がいいだろう

 DEEEER Simulatorは、現在アーリーアクセス(開発中)の状態である。アーリーアクセスとはいえ完成度は十分高く、アップデートを重ねれば重ねるほど、スロー鹿ライフの面白さは増していくことだろう。ごく普通の鹿に秘められた能力を開放し、自分だけのスロー鹿ライフを満喫することが本作の醍醐味だ。今後、どういった要素が追加されるのか、楽しみで仕方がない。ごく普通の鹿を操作したい、スロー鹿ライフを満喫したい人は本作をプレイしてみてはいかがだろうか。

 なお、サードウェーブのゲーミングブランド「GALLERIA」から、DEEEER Simulator推奨パソコンが販売中だ。もし興味があればこちらもあわせてチェックしてもらいたい。

作品概要

タイトル:ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator
開発:Gibier Games
販売:PLAYISM
ジャンル:鹿シミュレーションゲーム
価格:1300円

「GALLERIA GCR1650GF7」

 今回、サードウェーブのゲーミングブランド「GALLERIA」が販売するゲーミングノートパソコン「GALLERIA GCR1650GF7」で本作をプレイした。Core i7-9750H、GeForce GTX 1650、8GBメモリー、500GB SSDという構成で、価格は10万9978円。本作をプレイしたところ、60fpsをキープしていた。本作の必要スペックは以下のとおり。

ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulatorの主なスペック
要件 必要
CPU Core i3-3120M
グラフィックス インテル グラフィックス 4000
メモリー 2MB
ストレージ 1GB 利用可能
OS Windows 7以降

カテゴリートップへ

この連載の記事
関連サイト
コンテンツ