このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

佐々木喜洋のポータブルオーディオトレンド 第16回

Amazon Musicが対応した「排他モード」とは何か~PCオーディオの基礎

2020年03月16日 13時00分更新

文● 佐々木喜洋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows デスクトップ版 Amazon Musicのバージョン7.11

 国内でも展開されている、定額音楽ストリーミングサービス「Amazon Music HD」のWindows向けデスクトップアプリケーションが“バージョン: 7.11”となり、新機能が追加された。結果、「排他モード」や「WASAPI」といった言葉が話題となっている。

 ただし、この名称になじみのない読者も多いと思うので、PCオーディオの基礎編として、Windows オーディオシステムの排他モードについて解説する。

編注:すでにAmazon MusicをPCにインストール済みの場合や、ブラウザー版のAmazon Music HDサービスからアプリをダウンロードした場合の最新バージョンは7.10.x。

“バージョン:7.11.x”を入手するには、Amazon.co.jpで「デスクトップ版 Amazon Music(Windows)」を検索して入手したうえ、「ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ」からソフトをダウンロードし、再インストールする必要がある(2020年3月15日現在)。

すでに、デスクトップ版 Amazon Musicアプリケーションを導入している人は、いまのところ画像のようにバージョン:7.10.0.2175が最新版だと表示されてしまう。7.11は動作に不安定な面もあるので、後日安定動作が確認されたうえで、自動アップデートがかかると思われる。

WASAPIには、排他モードと共有モードがある

 まずは、排他モードとは何かを端的に説明しよう。排他モードというのは「ほかを使えなくする」という意味だ。利点はそれゆえに高音質となること。欠点はPCのオーディオ再生機能を1つのアプリケーションで占有してしまうことや、再生に使うアプリケーション側で、音量を変更できなくなることだ。

従来版のデスクトップ版Amazon MusicのUI。音楽再生中に出る右下のアイコンに注目。

バージョン7.11のUI。7.10にはないスピーカー型のアイコンがあるのが分かる。

 この排他モードはソフトウェア的には「WASAPIの排他モード」と呼ばれる。WASAPI(Windows Audio Session API)とは、Windows VistaからWindowsのオーディオ処理システムに導入されたAPIのひとつだ。API(Application Programing Interface)とは、アプリケーションがOSの機能を呼び出すために使う命令や関数の一種だと思えばいい。

スピーカーアイコンをクリックすると、排他モードを選択できるチェックボックスが表示される。

排他モード時には、アプリケーション側から音量調節をすることができない。

 さて、WASAPIには、排他モードのほかに「共有モード」もあり、こちらが標準状態だ。なぜ共有モードが標準かというと、PCは様々な音を扱う必要があるからだ。PC上で動作するものは、音楽再生アプリケーションだけではなく、動画再生アプリケーションの音声トラックもあれば、システムの警告音もある。これら様々なプログラムが仲良くオーディオ出力機能を共有して使えるようにするのがOSの役割だ。

 しかし、これらの音のサンプリングレートやビット数はばらばらだ。最終的に、データを単一のフォーマット(例えば48kHz/16bitなど)にまとめなければ、DACなど音を出すハードウェアに出力できない。

 この“まとめる処理”を担当するのが「ミキサー」と呼ばれるOSの機能だ。ただしこの処理には、それなりの計算力が必要である。そのため、Windows XPなど過去のOSでは、ミキサー処理に固定小数点計算を利用するなど、処理を簡易化していた。また、このミキサーがレイテンシー(処理の遅延)や音質の劣化を招き、ハイレゾ出力ができない原因にもなっていた。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン