このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 第551回

Arubaにネットワーク部門を吸収されたHP 業界に多大な影響を与えた現存メーカー

2020年02月24日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Aruba Networksに吸収された
HPのNetworking部門

 2017年になり、HPEは内部の組織を変更。Networking事業部はDC Networking部門のみを残し、すべてIntelligence Edge事業部に移管してしまう。

 ただこのIntelligence Edge事業部がHP Aruba ProductsとHP Aruba Servicesという2つの部門になった時点で、事実上Networking部門は旧Aruba Networks部門に吸収されてしまった感がある。

 そしてこの組織変更により、実はCore Network向けの製品群はそれほど売上が多くないこともまた露呈してしまう。

 2016年は4億ドルほどあった売上は2017年には半減し、2019年にはついにHP Aruba Productsにまとめられてしまった。

 実際現在のHP Aruba Productsのラインナップを見ると、ハイエンドのAruba CX 8400はキャリアクラスやデータセンター向けに耐えられる性能になっている。

 かつて3COMを買収してそのポートフォリオを丸ごと手にしたにも関わらず、CISCOとの差は広がるばかりになっていた。

 そう考えると、あるいはAruba Networksを生かす形でIntelligence Edge事業部を作ったのは、正しい判断だったのかもしれない。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン