このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Windows Info 第212回

Windows 10Xはなぜかアップデートが90秒で終わるらしい

2020年02月23日 10時00分更新

文● 塩田紳二 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シェルを差し替えるとともに仮想環境を使う

 そこでWidnows 10Xは、2つの方法を使う。1つはWin32アプリケーションを「Win32コンテナー」の中で動作させる。もう1つは、Explorerから新しいシェルに置き換えることだ。

 Win32コンテナーは、WSL2と同じ「軽量ユーティリティ仮想マシン」環境であり、起動時のシステム負荷が小さい仮想マシン環境だ。マイクロソフトは、Windows 10X用に新規開発したとしている。

Windows 10Xは、Win32アプリケーションとMicrosoftストア経由で配布可能なMSIXアプリをWin32コンテナー内で動作させる。このようにすることでホスト側のWindowsとは完全に分離し、ホスト側Windowsのアップデートを容易にする。マイクロソフトの資料より引用

 このあたりについては別途解説したいが、ここで言いたいのは、Win32アプリケーションをすべてコンテナー内で動作させることで、ホスト側のWindows 10Xは、Win32アプリケーションの細かなリソース管理までする必要がなく、またコンテナー全体を停止させることで、すべてのWin32アプリを「休止」状態にできる点だ。

 起動中のWin32アプリのリソース管理などは、仮想マシン内のゲストOS(Windows 10X)が行ない、ホスト側のWindows 10Xはなにも関与する必要がない。この結果、Win32アプリが起動している状態でも、ホスト側のWindowsはモジュールを差し替えることが可能になると考えられる。

 イメージ的には、Windows 10のHyper-Vで作った仮想マシン環境でWindows 10を動かして使っているのと同じだ。仮想マシン環境を保存して停止させている間なら、ホスト側のWindowsのアップデートができ、アップデート後に仮想マシン環境を起動すれば、中のアプリケーションは何事もなかったかのように動き出す。

 また、Windows 10XではWindows NT以来ずっとデスクトップを管理し、ユーザーインターフェースの前面にあったExplorerを簡易なシェルに置き換えた。そもそもExplorerは、exeプログラムで、さまざまな外部プログラムやサードパーティプログラムと連携する巨大なソフトウェアである。これをやめることで、Windowsのモジュール差し替えはかなりラクになるはずだ。

 おそらくはこのような形で、ホスト側のWindows 10Xは起動中に自身を構成するモジュールを差し替えていき、どうしても起動中では変更することができない機能だけを、最短の再起動時間で差し替えるようにするのだと思われる。1980年代から続く、再インストールによるメジャーアップデートはここでようやく終わりを告げるが、この方法でアップデートが高速化できるのはWindows 10Xだけのようだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン