このページの本文へ

長尾製作所「N-FRAME-ATX」、「N-FRAME-MATX」

長尾製作所のオープンフレームPCケースにATX用とMicro ATX用が加わる     

2020年01月26日 00時24分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 長尾製作所から発売中のオープンフレームPCケースに、ATX用の「N-FRAME-ATX」と、Micro ATX用の「N-FRAME-MATX」が登場した。

オープンフレームPCケースの新作ATX用の「N-FRAME-ATX」と、MicroATX用の「N-FRAME-MATX」

 「PCパーツの造形美を楽しむための」のオープンフレームPCケースに新モデルが加わった。ビデオカードの垂直設置(ライザーカードは別売)に対応するほか、PCパーツ検証台としても使用できる。

材質は黒色塗装処理が施された鉄で、剛性もしっかりしている。取っ手も付いているので持ち運びの際も便利

 「N-FRAME-ATX」のスペックは、ベイ数が2.5インチ×2、3.5インチ×1、拡張スロット8。サイズは282.5(W)×190(D)×450(H)mmで、重量は約2.9kg。

 「N-FRAME-MATX」のスペックは、2.5インチ×2、3.5インチ×1、拡張スロット5。サイズは282.5(W)×190(D)×390(H)mmで、重量は約2.6kg。

搭載パターンはさまざま。好みの構成でPCパーツの造形美を楽しめる

 価格は「N-FRAME-ATX」が1万4500円(税抜)、「N-FRAME-ATX」が1万3600円(税抜)。オリオスペックやツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中