このページの本文へ

Xperia 1ロングランレポート 第30回

Xperia 1でクイック設定パネルを自分好みにする

2019年12月30日 10時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Xperia 1(SO-03L)」の回線は、ドコモの「ギガホ」で運用しているので、外出先でPCなどをインターネットに接続するためテザリング機能もよく使っています。テザリングをオンにする方法は、設定アプリから「ネットワークとインターネット」→「テザリング」へとアクセスして「Wi-Fiテザリング」から行なうのが一般的ですが、もっと簡単な方法もあります。

設定の「ネットワークとインターネット」をタップ

さらに「テザリング」を選択

そこから「Wi-Fiテザリング」をタップ

最後にボタンをタップしてオンにする

 それは、ホーム画面の上部からスワイプで呼び出す「クイック設定パネル」。ここに「テザリング」というアイコンも用意されているので、そのアイコンをタップすればテザリングをオンにできます。

クイック設定パネルにある「テザリング」をタップするだけ

 ただし、初期状態では9つならんだアイコンの一番右下に配置されています。この場所だと、クイック設定パネルを1段引き出すだけでは表示されず若干めんどう。そこでこの際、そのほかのアイコンも含めて使いやすいようにカスタマイズすることにします。

クイック設定パネルを1段引き出しただけでは、テザリングが表示されない

 カスタマイズはクイック設定パネルの右下にあるペン型のアイコンをタップします。すると現在表示されているアイコン以外にも追加できる機能が表示され、さらにアイコンを長押しすると、配列を変えられるようになります。

クイック設定パネルのカスタマイズ画面

アイコンを長押しすると、配置が変えられる

 個人的な使い方ですが、「STAMINA」はあまり使いませんし、「Bluetooth」もオフにすることはめったになく、GPS機能の「現在地」も常にオンの状態で変えません。そこでこの3つを3段目に配置して、「テザリング」などを上のほうに置いてみました。これでクイック設定パネルを1段引き出すだけで、テザリングをオンにできるようになります。

使用頻度の高いアイコンを1段目と2段目に配置

これでテザリングをオンにしやすくなった

 ちょっとした工夫で、Xperia 1を操作する手順を少なくできるので、クイック設定パネルのカスタマイズはオススメですよ!

※Xperia 1(SO-03L)/Android 9で検証しました

■関連サイト

筆者紹介:中山 智

 海外取材の合間に世界を旅しながら記事執筆を続けるノマド系テクニカルライター。雑誌・週刊アスキーの編集記者を経て独立。IT、特に通信業界やスマートフォンなどのモバイル系のテクノロジーを中心に取材・執筆活動を続けている。


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン