このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

moreNOTEで始める「働き方改革」 第4回

簡単操作を謳うペーパーレスシステムはどのくらい簡単なのか?

moreNOTEが実際めちゃくちゃ簡単に使えるものだった件

2020年01月09日 11時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 働き方改革を推進させるには、ソリューションの力が重要だ。テレワークを実現させるうえで重要になってくるのが、いつでもどこからでも情報へアクセスすること。特にこれまで紙資料でやりとりしていた打ち合わせや会議などは、すべてペーパーレス化する必要がある。

 単純に資料となるファイルを共有するのは簡単だ。しかし、どこに何の資料があるのかがすぐにわかり、なおかつ誰でも扱いやすく、セキュリティもしっかり確保されているとなると、ペーパーレス化を実現するソリューションを導入するのが近道だ。

 社内のペーパーレス化を目指すなら、オススメしたいのが富士ソフトの「moreNOTE」だ。というのも、実際に編集部でも利用してみたところ、その機能やできることの豊富さと、その手軽さ、簡単さ、それに加えて、セキュリティの高さを大いに実感できるものだったからだ。

 「moreNOTE」は、PCに限らずスマホ(Android、iOS)やタブレットなどさまざまなデバイスで利用できるクラウドサービスだ。オンプレミスタイプも用意されているが今回はクラウドサービスで体験している。moreNOTEでできる主なことを以下に挙げてみた。

  • ブラウザーからアップロードするだけで資料を一元管理
  • デバイスや場所を選ばない資料閲覧
  • 閲覧者や期間を権限変更できるセキュアな管理システム
  • 各デバイスで同期する、同一資料を閲覧しながらの会議
  • ログデータから算出するペーパーレス化効果測定

 基本的には管理はブラウザーを利用し、資料の閲覧はアプリを利用する。ペン入力も対応しているので、2 in 1マシンやタブレットを利用すると、紙資料のようにメモ書きを手書きで残せるため、会議で紙に慣れきった人でもスムーズに移行できるのも特徴だ。

 では、それぞれの機能について、Windowsベースでの利用を前提に、moreNOTEがいかに簡単で使いやすいかを紹介していこう。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ