このページの本文へ

音質重視の上級モデルから、手軽に利用できる片耳タイプまでラインアップ

上級モデルからエントリーモデルまでパソコン向けゲーミングヘッドセット5製品、エレコムより

2019年10月08日 14時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HS-G60シリーズ」

 エレコムは10月8日、上級モデルやエントリー向けなどパソコン向けゲーミングヘッドセット5製品を発表した。10月中旬から発売する。

 上級モデルの「HS-G60シリーズ」(1万1715円)は、PETフィルムを3層重ね合わせた50mm積層振動板による高い音質を実現したという。立体縫製のイヤーパッドや耳の角度にフィットするスイベル機能、長さ調整可能なヘッドバンドなどを採用。

「HS-G40シリーズ」「HS-G30シリーズ」

 「HS-G40シリーズ」(7799円)は50mm振動板を搭載、「HS-G30シリーズ」(5841円)は40mドライバーを採用。いずれも長さ調節可能なヘッドバンドを装備。

「HS-GM20シリーズ」「HS-GM10BK」

 「HS-GM20シリーズ」(4862円)は40mmドライバーを装備し、およそ124gの軽量設計としたモデル。「HS-GM10BK」(2904円)は片耳タイプのヘッドセットで、30mmドライバーを搭載する。

 いずれのモデルも3.5mmの4極ミニプラグまたは3極ミニプラグ×2でアナログオーディオ端子に接続。ケーブル途中にはインラインコントローラーを装備する。HS-GM10BKを除き、ブラックとホワイトの2カラーが用意される。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース