このページの本文へ

ミキサー単体とオーバーヘッドセットとのセットを用意

ゲームしながら通話もできるデジタルミキサー、エレコムから

2019年12月17日 16時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

HSAD-GM30MBK

 エレコムは12月17日、ゲームしながらの通話も可能なデジタルミキサー「HSAD-GM30MBK」およびデジタルミキサー付属のオーバーヘッドセット「HS-GM30Mシリーズ」を発表した。12月中旬より順次発売する。

 HSAD-GM30MBKは、スマホのチャットアプリなどで通話をしながらゲームの音をミックスして再生できるUSB接続のデジタルミキサー。ゲーム機とはUSBで接続(USB A端子およびUSB Type-C端子用ケーブル各1本が付属)、スマホやヘッドセットには3.5mm4極ミニプラグ/ミニジャックで接続する(ケーブル1本付属)。デジタルのミックス処理と増幅回路により、従来のアナログミキサー方式よりも高音質なミックス再生が可能とうたう。ポケットなどに装着できるクリップ付き。店頭価格は2178円の見込みで、12月中旬発売予定。

HS-GM30MBK(ブラック)

HS-GM30MWH(ホワイト)

 ゲーミングヘッドセットHS-GM30Mシリーズは、両耳タイプのステレオオーバーヘッドセット。40mmの高解像度ドライバーを搭載しており臨場感あふれるダイナミックでキレの良い低音を再生できるという。マイクには周囲の雑音を拾いにくいノイズ低減マイクを搭載。デジタルミキサーのHSAD-GM30MBK同等品が付属し、店頭価格は3828円の見込みで、2020年1月下旬発売予定。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース