このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第358回

リークは本当でした:

10.2インチiPad、分解でメモリ3GB搭載判明

2019年10月02日 08時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが9月30日に発売した10.2インチサイズの新型iPad(第7世代)の分解レポートを、米修理会社iFixitが同社ブログで9月26日に発表した。

 iPad(第7世代)については9月19日、著名なアプリ開発者が「3GBのメモリー(RAM)を内蔵している」と明かしていた。

 その答え合わせがiFixitによって行われた結果、3GBのメモリーを搭載していることが確認できたとのこと。

 iPad(第7世代)のプロセッサーは第6世代と同じA10 Fusionであるものの、メモリーが50%増えているのであれば購入を検討する人も多いのではないだろうか。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中