このページの本文へ

CRYORIG「Frostbit」

ヒートパイプが特徴的なM.2 SSD用ヒートシンク「Frostbit」

2019年08月24日 23時51分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CRYORIGから、独自デザインが特徴的なM.2 SSD用ヒートシンク「Frostbit」が発売された。

独自デザインが特徴的なM.2 SSD用ヒートシンク「Frostbit」。COMPUTEX TAIPEI 2018でも展示され話題となっていた製品だ

 独自のデュアルスタックヒートパイプと可動式構造を採用するM.2 SSD用ヒートシンクの新製品。サーマルパッドで挟み込まれたSSDは、ヒートパイプを経由して上部のフィンで放熱される仕組み。可動式構造のため、CPUクーラーやビデオカードとの干渉を回避し、任意の角度で左右に傾けられる。

デュアルスタックヒートパイプと可動式構造を採用。任意の角度で左右に傾けらる

 サイズは26.3(W)×72(D)×57(H)mmで、重量は56g。対応TDPは、ヒートスプレッダのみで12W、ヒートスプレッダ+ヒートパイプで25W。製品構成は、熱伝導シート×2、ヒートシンク固定具×2、六角ネジ×4、CP-7 サーマルグリス、六角レンチ。

 価格は5690円。オリオスペック、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中