このページの本文へ

Thermalright「TR-M.2 2280 SSD」

NVMe M.2 SSD用の多次元アルミ合金製ヒートシンク

2019年10月17日 23時34分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermalrightから、NVMe M.2 SSDに対応したヒートシンク「TR-M.2 2280 SSD」が発売された。多次元アルミニウム合金設計が特徴的なデザインになっている。

NVMe M.2 SSDに対応したヒートシンク「TR-M.2 2280 SSD」

 アルミニウム製ヒートシンクと高性能両面ICサーマルペーストの組み合わせにより、搭載したNVMe M.2 SSDを冷却。サーマルスロットリングの発生を抑え、安定したパフォーマンスを発揮できる。なお、代理店であるディラックの検証では、ヒートシンクなしの状態と比較した場合、最大で20度以上の冷却性能が得られるとしている。

片面チップ搭載のSSDに対応。最大で20度以上の冷却性能差があるという

 サイズは22.7(W)×75(D)×11.7(H)mmで、重量は48g。片面チップ搭載のSSDに対応する。価格は1680円(税抜)。パソコンショップアーク、オリオスペック、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中