このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

IFA 2019レポート 第19回

YOGAシリーズからモトローラの4眼スマホまで! Lenovoブースを一挙紹介!

2019年09月09日 17時00分更新

文● 中山智 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クアッドカメラ搭載のミッドレンジスマホも登場

 スマートフォンも2つの新モデルを発表。ひとつはリアカメラに標準と超広角、3倍望遠に、深度測定用のDepthセンサーを加えたクアッドカメラ仕様の「motorola one zoom」。「moto」ではなく「motorola one」なのは、GoogleのAndroid Oneとしてのモデルのため。

Android Oneとして展開する「motorola one zoom」

Depthセンサーを加えたクアッドカメラで、背面のロゴは光る

望遠は3倍

超広角は0.5倍表記

 ディスプレーは6.4インチ(フルHD)の有機ELパネルを搭載。プロセッサーはSnapdragon 675で、メモリーは4GB、内蔵ストレージは128GBとなっている。9月6日より販売されており、価格は429ユーロ(約5万1000円)。

ディスプレー上部にはティアドロップ形のノッチがある

本体右側面の電源ボタン回り

USBはType-Cを採用している

 もうひとつは139ユーロ(約1万6000円)とエントリーモデルの「moto e6 plus」。ディスプレーは6.1インチでアスペクト比は19.5:9。プロセッサーはMediaTek Helio P22を搭載し、メモリーは2GBもしくは4GB、内蔵ストレージは32GBもしくは64GBとなっている。また、USB端子はmicroUSBを採用しているなど、エントリーモデルとはいえかなりコストを抑えて設計されたモデルだ。

139ユーロと低価格な「moto e6 plus」

本体背面の「M」マークは指紋認証センサーになっている

 背面のロゴが指紋認証センサーになっていたり、リアカメラは深度測定用と合わせたデュアル仕様で使い勝手や実用性はありそう。発売は9月を予定している。

本体右側面の電源ボタン回り

カメラは深度測定用センサーと合わせたデュアル仕様

マーベルのヒーローになれるAR HMD

 昨年のIFA 2018で発表された、スター・ウォーズのジェダイやシスになってゲームをプレイする「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」の後継モデルが登場。今年のモデルはマーベルをモチーフとした「MARVEL Dimension of Heroes」。「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」と同じように、マーベルヒーローとなってゲームがプレイできる。

マーベルヒーローになってバトルが楽しめる「MARVEL Dimension of Heroes」

デモブースでプレイしている様子

 前モデルとの違いは付属の「ユニバーサルコントローラ」で、マーベルのヒーローたちに合わせた武器や攻撃が使えるようになっている。HAD(ヘッドマウントディスプレー)自体は同じなので、別途発売されるユニバーサルコントローラを購入してコンテンツをダウンロードすれば、「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」を持っているユーザーも「MARVEL Dimension of Heroes」がプレイできるとのこと。9月6日よりアメリカで販売はスタートしており、価格は249.99ユーロ(約3万円)。関係者への取材によると、「日本での発売はかなり難しい」と日本のマーベルファンにはやや残念な状況だ。


■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

ピックアップ