このページの本文へ

Core i7-9750H +GTX 1650 with Max-Q designを搭載

レノボ、3Dクリエイティブ用途やゲームにも適したハイパフォーマンスノートPC「Yoga S740」

2019年11月08日 11時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは11月8日、Yoga Sシリーズの新モデルとして6コアプロセッサーやNVIDIAグラフィックを搭載するハイパフォーマンス15.6型ノートパソコン「Yoga S740」を発表。11月15日に発売する。

 CPUは第9世代インテルCore i7-9750Hを採用、グラフィックスにはNVIDIA GeForce GTX 1650 with Max-Q designを搭載し、映像編集やCG制作、3Dゲームなどにも適しているという。液晶解像度は1920×1080ドット、Dolby Vision、DisplayHDR 400に対応する。4辺ナローベゼルや最薄部17.7mmの薄型ボディによりデザイン性も追求している。

3辺ナローベゼルを採用 

 指紋認証機能、インターフェースにはThunderbolt 3×2ポートも搭載。本体サイズはおよそ幅357×奥行き233×厚み17.7mm、重量およそ1.93kg。価格は22万5280円から。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン