このページの本文へ

Xperia 1ロングランレポート 第11回

Xperia 1の3つのカメラで「レンズ補正」の効き具合をチェック!

2019年08月30日 12時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ここ最近のXperiaシリーズでは、カメラアプリに「レンズ補正」機能があります。この機能はカメラレンズの特性で生じるゆがみを補正してくれる機能です。レンズの特性で生じるゆがみは、そのレンズやカメラの個性とも言えるものなのであまり気にする必要はありませんが、たとえばポスターやホワイトボードを複写するときなど、ゆがみなく撮影したいケースもあります。

カメラアプリの設定から「レンズ補正」のオン・オフが切り替えられる

 購入した「Xperia 1(SO-03L)」でももちろん「レンズ補正」が利用可能です。しかもXperia 1はアウトカメラに超広角、標準、望遠と3つのレンズを装備。そこで、それぞれのレンズで撮影した場合、どれくらい補正効果があるのかチェックしてみました。

Xperia 1のレンズ補正機能を使ってテスト撮影

 まずは標準から。レンズ補正機能のオンとオフを切り替えて撮影。レンズ補正機能をオフにしたときのほうが若干樽形にゆがんでいるように見え、機能をオフにしたときの方がタイルの線がしっかりとまっすぐになっています。とはいえ効果としては微妙なところです。

倍率標準でレンズ補正オフ

倍率標準でレンズ補正オン

 次に2倍の望遠。こちらはレンズ補正機能のオンとオフでの作例を見比べてもほとんど差はありません。このレベルならレンズ補正は気にせずに撮影しても問題なさそうです。

倍率2倍でレンズ補正オフ

倍率2倍でレンズ補正オン

 最後に超広角での撮影。一般的にカメラレンズは広角になるほどゆがみが大きくなります。実際Xperia 1でも超広角で撮影すると、レンズ補正機能オフではかなり強めのゆがみになります。これがレンズ補正機能をオンにするとタイルの線もまっすぐになっており、かなり強力な補正がかかります。

超広角2倍でレンズ補正オフ

超広角2倍でレンズ補正オン

 ただし撮影できる範囲は狭くなっています。これではせっかくの超広角レンズがもったいない感じもしますね。また広角レンズのゆがみはそれ自体が味なので、通常の撮影ではレンズ補正機能はオフで良さそう。

普段の撮影は超広角でもレンズ補正機能はオフで

 レンズ補正は、2倍の望遠なら気にしなくてオーケー。標準でもポスターやホワイトボードを構図に目一杯で納める場合はレンズ補正オンに。超広角は通常はオフにしておいて、ゆがみなく撮影したい被写体の場合のみオンにするという運用でよさそうです。

※Xperia 1(SO-03L)/Android 9で検証しました。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン