このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第542回

Windows 10 Pro搭載の超小型“チビパソ”「GPD MicroPC」を衝動買い

2019年07月31日 12時00分更新

文● T教授、撮影●T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GPD MicroPCが予約から3ヵ月待って忘れかけたころに我が家にやってきた。実際の商品は筆者の期待を上回る仕上がりだ。1990年代の「HP95LX」時代から鍛えてきた両親指による入力、タッチパッドによるWindows操作、全盛期のラップトップ並みの入出力ポートの充実など、古くからのノートパソコン愛好家が確実にハマってしまう要素がテンコ盛りだ

Windows 10 Pro搭載の超小型“チビパソ”
「GPD MicroPC」を衝動買い

 2019年の4月初旬にウェブで注文したGPD MicroPC(ジーピーディー・マイクロPC:以降MicroPC)が約3ヵ月後の7月初旬に届いた。

 ここ3年ほどは、年に数個のクラウドファンディング商品を衝動バックすることが多く、GPD MicroPCは、雰囲気的に少しデリバリー期間の短いクラウドファンディングのような印象を受けていた商品だった。販売元から出荷案内が届いた7月初旬にも、正直それほどの期待感は無かった。少し多忙な週でもあり、商品を受け取って実際に梱包を解いて電源を入れたのは、なんと3日後だった。

 ところが、いろいろ設定をやり始めると、やっぱり久し振りの「チビパソ」(筆者周囲の方言)は、昨今のように呼び方が“UMPC”(Ultra Mobile PC)と変化してもめちゃくちゃ楽しいガジェットだった。

 筆者は1990年代初頭に出張で出かけた西海岸の「Fry's」で衝動買いした「HP95LX」の堅牢さと楽しさに夢中になり、それがきっかけになって日々小さなガジェットにハマってしまう生活になってしまった。

 その後は「HP100LX」「HP200LX」とお決まりのコースを進み、自らも商品企画に参画した日本IBMが1995年に発表した「IBM Palm Top PC 110」(通称:ウルトラマンPC)そして、その12年後の2007年に富士通が発表した「FMV-BIBLO LOOX U50WN」も衝動買い。2019年の夏に衝動買いした「GPD MicroPC」につながっている。

 その間、チビパソの本体重量は初代の「Palm Top PC 110」の時代から、630g→580g→440gとどんどん軽く、高機能に変化し続けてきた。

 今回筆者が予約購入した天空のGPD MicroPCモデルは、同社独自のキッティングによる出荷を行っているようで、本体の付属品(ACアダプターとUSB Type-Cケーブル、保証書、取説)以外に、オマケとして専用ケース、3ポートUSBハブやイヤフォン、ストラップ、液晶画面拭きクロス、KingSoft社のWPS Officeのライセンスカードなどが入っていた。

我が家に送られてきたのは天空のスペシャルパッケージで予約特典のさまざまなオマケが…… パッケージの中に入っている別の豪華な黒いパッケージにMicroPC本体は収納されている
我が家に送られてきたのは天空のスペシャルパッケージで予約特典のさまざまなオマケが……パッケージの中に入っている別の豪華な黒いパッケージにMicroPC本体は収納されている
本体、ACアダプター、Type-C USBケーブルのほかにさまざまな予約特典のオマケ 本体、ACアダプター、Type-C USBケーブルのほかにさまざまな予約特典のオマケ

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン