このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第541回

スクリーンセーバー起動を力技で止める「Screensaver killer」を衝動買い

2019年07月24日 12時00分更新

文● T教授、撮影●T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Screensaver killer」は、USBポートに接続し、親パソコンのスクリーンセーバーをまったく起動させなくする変態ハードウェアガジェットだ。何に使えるのかすぐに想像できない深いおもしろさを感じて速攻で衝動買い 「Screensaver killer」は、USBポートに接続し、親パソコンのスクリーンセーバーをまったく起動させなくする変態ハードウェアガジェットだ。何に使えるのかすぐに想像できない深いおもしろさを感じて速攻で衝動買い

スクリーンセーバー起動を力技で止める
「Screensaver killer」を衝動買い

 さまざまな楽しいスクリーンセーバーで遊べた古き良き時代は、もうかれこれ四半世紀も前になってしまった。今でもパソコンの使用者が離席時には、タイマーや社員IDカードとの無線連携設定で自動的にスクリーンセーバーが起動する企業オフィスも多い。

 個人でも、屋外に持ち出して使うことの多いモバイルPCなどでは、スクリーンセーバー+再開ログオンの組み合わせでセキュリティー度を上げて使用しているユーザーも多いだろう。しかし、自宅内ではちょっと席を外したり考え事をしていて、ほんのしばらくの間PCに触れないでいると、勝手に起動するスクリーンセーバーやディスプレーがオフになる省電力機能はありがた迷惑な存在でもある。

一般的なスクリーンセーバーは再起動時にログオン画面を伴っているのが一般的だ。企業でもスクリーンセーバーの導入が必須の企業も多い

 しかし、モバイルPCを屋外に持ち出した場合は、その機能が大きなセキュリティー的効果を発揮してくれることは間違いない。「省エネ」がまだまだ注目されていなかった古き良きブラウン管の時代に、同じ画面が表示され長時間放置されることによって起こる画面の焼き付きを防ぐという実用面と、楽しい映像が表示されるというエンターテインメント性の複合物として、誕生したのがスクリーンセーバーだ。

 しかし、時代はどんどん変わり現代は“省エネ”“セキュリティー”“生産性・操作性”などなど非常に多くの要件を満たすことが必要になってきた、面倒くさい時代なのだ。

 スクリーンセーバーを取り巻く環境は、過去にもスクリーンセーバーが必要になったらタイマー起動を待たずに即起動するという、便利なショートカット法なども登場している。

 中でも、何年か前に登場したiPhoneとiPad用の“Screen Saver Killer”(スクリーンセーバーキラー)アプリはなかなかおもしろい発想だった。基本的には、アプリを導入して起動するとiPhoneのディスプレー全面に横縞模様が表示され、一定のスピードで縞模様全体が上下スクロールする。そのスクリーン上に置いた光学マウスは自分が移動動作していると錯覚し、システムもスクリーンセーバー状態に入らない仕組みだ。

全画面に縞模様を表示したiPhoneの画面上に光学式マウスを置き、定期的に上下する縞模様を表示してマウス入力を継続させる画期的なScreensaver killerアプリ。残念ながらWindows系のマウスは居眠りを始めてしまう 全画面に縞模様を表示したiPhoneの画面上に光学式マウスを置き、定期的に上下する縞模様を表示してマウス入力を継続させる画期的なScreensaver killerアプリ。残念ながらWindows系のマウスは居眠りを始めてしまう

 要は、マウスに自分自身が動かされているという錯覚を感じさせれば良いのだ。残念ながらこのアプリは、Windows系のマウスを同じように騙すことはできない仕様だった。

 今回、筆者が衝動買いしたハードウェア版「Screensaver killer」は、macOSでもWindowsでも、ただパソコンのUSBポートに接続するだけで、スクリーンセーバーは絶対に起動しないという変態おもしろガジェットだ。

シンプルな基板保護パッケージがビニール袋に入って吊るされて販売されている。QRコードにスマホをかざせばScreen Saver Killerのウェブ取説を確認できる シンプルな基板保護パッケージがビニール袋に入って吊るされて販売されている。QRコードにスマホをかざせばScreen Saver Killerのウェブ取説を確認できる

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン