このページの本文へ

サードウェーブ、島根県のICT・IoTの総合イベントに出展

2019年07月16日 13時40分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは7月16日、島根県で開催される「DISわぁるど in 山陰 まつえ」に出展すると発表。展示会の開催日は8月7日と8日。会場は島根県立産業交流会館「くにびきメッセ」。

 展示会は、未来の働き方やそれらを支えるセキュリティーソリューションなどをテーマに掲げる。スマートデバイスなどのハードウェアメーカーを展示。IoTやAI、顔認証といった次世代テクノロジー製品、セキュリティーや柔軟なワークスタイルを実現するソリューションなど、最新テクノロジーを体感できるという。

 サードウェーブは、JeSU公認PC 「GALLERIA GAMEMASTER」を中心に、eスポーツ関連のハードウェアを紹介したり、ゲームの対戦体験を提供したりする予定とのこと。法人向けハードウェアとして、2019年から展開を始めた「THIERDWAVE Pro」製品など、Windows搭載のバッテリーレスタブレットやスティックPCなど、小型デバイスや高精彩画像に対応したデジタル顕微鏡なども紹介する。

【DISわぁるど in 山陰 まつえ 概要】
開催期間:8月7日、8月8日
会場:島根県立産業交流会館「くにびきメッセ」

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ