このページの本文へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 第518回

Voltaの後継Ampereは7nm EUVプロセスで製造 NVIDIA GPUロードマップ

2019年07月08日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

廉価なGeForce GTX 1600シリーズを投入

 そのあたりもあってか、今年2月から投入され始めたのがGeForce GTX 1600シリーズである。まず最初に投入されたのが2月22日のGeForce GTX 1660 Tiである。こちらに搭載されたコアはTU106をベースとしたTU116であるが、TU106が445mm2とかなり大きなダイなのに対し、TU116は284mm2と面積を4割近く削減したものになっている。

GeForce GTX 1660 Ti搭載のASUS製ビデオカード「ROG-STRIX-GTX1660TI-O6G-GAMING」

 当然価格もその分下がっており、300ドル切りの279ドルが実現している。もっともメモリーバスが192bitになるなど、若干構成はGeForce RTX 2060を下回るものになっているが、性能的にはGeForce RTX 2060の9割程度のパフォーマンスを確保しており、メインストリーム向けの非常に良いソリューションとなった。

GeForce GTX 1660 Tiの総合的なパフォーマンス比較

 このTU116コアをそのまま利用しながら、より廉価な構成としたのが3月に発表されたGeForce GTX 1660である。

GeForce GTX 1660搭載のASUS製ビデオカード「PH-GTX1660-O6G」

 こちらはAMDのRadeon RX 590などへの対抗策として、219ドルという非常に廉価な価格で提供されており、ただし性能も絶妙と言うか微妙というか、なかなか難しいポジションにあることがレポートされている。

GeForce GTX 1660の総合的なパフォーマンス

 そして4月に発表されたのがGeForce GTX 1650である。こちらは149ドルという、メインストリームの下限というかバリュー向けといった扱いになっている。

GeForce GTX 1650搭載のASUS製ビデオカード「ROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMING」

 このGeForce GTX 1650は、TU116ではなくTU117という別のダイを利用しているが、こちらはダイサイズが200mm2と、TU116に比べても一回り小さいもので、性能もそれなりとなっているが、TDPは75Wで補助電源ピンが不要な構成になっている。

GeForce GTX 1650の総合的なパフォーマンス

 実のところこのTU117コアは、単にGeForce GTX 1650向けではないと筆者は考えている。もともとNVIDIAはリテール向けの製品とは別に、OEM向けの製品(GeForce GTシリーズ)を多くラインナップしているが、こちらの最新製品がGeForce GT 1030で、もう少し性能を底上げする必要がある構成になっている。おそらくはTU117はこのGeForce GT 1030の後継(GeForce GT 1630?)向けも念頭において作られたものであろう。

GeForce GT 1030

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン