このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

新車を買った情報2019第22回

マツダ ロードスターRFのエンジンに未来を感じる

2019年07月06日 12時00分更新

文● 四本淑三、編集●西牧

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 みなさまはどれくらいの時期でエンジンオイルを交換していらっしゃるでしょうか。

 見極めは誠に難しいわけでして、人によって言うことがまるで違う。オイルを売る側は「とっとと交換しろ」と言い、作る側は「うちのは性能がいいから長持ちする」と言う。だから黙って定期的に替えろという話ですが、マツダの取説には「1万5000kmか1年ごと」とあります。

 燃費同様、これも環境への配慮でありましょう。ずいぶんと長くなったものですが、メーカーが言っているのは、そこまで使っても壊れはしないという目安であって、言ってみれば消費期限のようなもの。オイルが十分な性能を維持できる賞味期限は、もっと早くやってまいります。

 色でわかるという話もありますが、新品のオイルだって入れて回せばすぐ真っ茶色。これはオイルの洗浄作用が効いている証であります。逆に回さずに長期間放置したオイルは、酸化しても綺麗なまま。食べ物みたいに味や臭いでわかりゃ苦労はないんですが、いったい私はどうすりゃいいんでしょうか。

 新車を買った情報2019。私は四本淑三であります。すっかりオイルの話が長くなりましたが、今回の話題も相変わらずロードスターRFであります。このクルマのなにが良くて、なにがイマイチなのか。走行距離も8000kmを超えまして、だんだんわかってまいりました。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ