• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ASTRO Gamingのアンバサダーに、ゲームキャスターのK4senさんが就任

家庭用ゲーム向け最高峰うたうASTRO Gaming無線ヘッドセット登場

2019年06月11日 22時20分更新

文● 八尋/ASCII

ロジクールが発表会を開催し、「ASTRO Gaming」のワイヤレスヘッドセット「A50」とリニューアル版「A40」「ASTRO Mixanp Pro TR」を発表

 ロジクールは6月11日に発表会を開催し、ゲーミングブランド「ASTRO Gaming」のワイヤレスヘッドセット「ASTRO A50 Wireless ゲーミングヘッドセット+BASE STATION」(以下、A50)と、e-スポーツ向け有線型ヘッドセットのリニューアル版「ASTRO A40 TR ゲーミングヘッドセット」(以下、A40)、ヘッドセットアンプ「ASTRO MixAmp Pro TR」(以下、MixAmp)を発表した。

 A50は8月1日に発売予定で、価格は3万3750円(税別)。A40とMixAmpは6月27日に発売予定で、価格はA40が1万8880円、MixAmpが1万8750円、セットが3万1250円。

A50

A40

MixAmp Pro TR

A40+MixAmp Pro TR

10周年記念モデル「A40 TR 10th Anniversary」も登場

家庭用ゲーム機向けの最高峰を目指したA50
プロシーンでも活躍するA40

ロジクール クラスターカテゴリーマネージャーの榊山 大蔵氏

 発表会では、ロジクール クラスターカテゴリーマネージャーの榊山 大蔵氏が登壇。榊山氏はまずA50とA40+MixAmpについて、家庭用ゲーム機においてプロシーンやメインストリームで最高峰のゲーミングライフエクスペリエンスを届けるというビジョンのもと開発したと説明。また「日本の住環境において、ASTRO Gamingのサウンドエンジニアや我々が楽しんでもらいたい音を表現するのはかなり厳しいです。本当の意味でのゲーミングサウンドは、ぜひヘッドセットをつけて楽しんでもらいたいです」とコメントした。

今回発表された製品のコンセプト

各製品のターゲット層

ASTRO Gamingのロードマップ

 A50については、「サウンドクオリティー」「ASTRO Gaming史上最高のクオリティー」「ワイヤレス」という3つのキーポイントを掲げて開発してきたという。また、マイクはロジクールGの開発陣と協力して開発し、従来製品からのアップデートを実現したとしている。

A50の3つのキーポイント

ASTRO史上最高のサウンドクオリティーを目指したという

ワイヤレス機能として2.4GHzのトランスミッターを採用

 またMixAmpは、従来の縦型から横型にデザインを変更。インターフェースのほとんどを背面に配置することによって、ゲーマーやストリーマーがデスクをきれいにまとめられる。これは、実際にLANパーティーなどでアンプを使用するプレーヤーを調査したうえで、より使いやすいようにするために改良したとのことだ。

インターフェースを背面に集約したことでより邪魔にならないデザインに

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう