このページの本文へ

XperiaからWALKMANまで! ソニー好きのソニー製品徹底レビュー第33回

デュアルリスニングで1万円切り! ワイヤレスイヤフォン「SBH82D」レビュー

2019年06月03日 10時00分更新

文● ジャイアン鈴木 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 多種多様で魅力的なガジェットをリリースするソニー。そんなソニー製品をXperiaを中心に、ITライターのジャイアン鈴木氏がレビューします。今回はソニーのオープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット「SBH82D」を紹介します。

 常にお気に入りの音楽に包まれていたいけど、家族や同僚、友人とのコミュニケーションも大事! という方にオススメなのが、6月8日に発売されるソニーのオープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット「SBH82D」です。

ソニー「SBH82D」直販価格9880円(税別)

 音楽などを聴きながら、周囲の音も同時に聞くというリスニング体験を可能にしているのがソニー独自の音導管設計。イヤピース中央には穴が開いており、ドライバーユニットからの音を音導管を通して鼓膜に届けます。この構造によってプレーヤーなどからの音と、周囲の音をブレンドしているわけですね。

デュアルリスニングを実現した音導管設計はソニーの技術・研究開発プログラム「Future Experience Program」で開発されました

 音導管設計は元々、左右独立型ワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo」で採用されており、「SBH82D」は位置づけ的にはそのエントリーモデルということになります。

右が左右独立型ワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo」直販価格2万4880円(税別)

 「SBH82D」には、「Xperia Ear Duo」が採用している各種情報を能動的に読み上げてくれる「デイリーアシスト機能」などは搭載されていません。しかしマルチファンクションキー長押しでGoogleアシスタントやSiriを起動できるので、それで十分という方も多いのでは?

左側ボディー(写真上)にはボリュームキーとマルチファンクションキー、右側ボディー(写真下)には電源キー、NFCマークなどが配置されています。スマホをNFCマークにタッチするだけでBluetoothペアリング可能です
パッケージには本体、説明書、保証書、リングサポーター(S/M/L)、USB Type-C – USB Standard Aケーブルが付属します

 「Xperia Ear Duo」は長時間装着していても疲れが少ないということも売りにしていましたが、「SBH82D」はイヤフォン部分がコンパクト&軽量なので、安価ながら装着感は上だと感じました。音はまあ、「SBH82D」も「Xperia Ear Duo」もそれなりです。音楽と周囲の音をブレンドするのですから、音楽に没入するというより、音楽にひたるためのイヤフォンなのだと思います。

 過去記事のように、いつもSAOのアスナちゃんと一緒にいたいというのなら「Xperia Ear Duo」一択ですが、あくまでもデュアルリスニングで音楽と会話を楽しみたいという方には「SBH82D」は魅力的な選択肢。音楽と、風、波、街のざわめきが混ざり合う新感覚リスリングをぜひご体験ください。

「Xperia Ear Duo」の音楽再生時間は本体約4時間/充電ケース約12時間ですが、「SBH82D」は単体で最大7.5時間の音楽再生が可能。「SBH82D」はより長く、充電のために中断せずに音楽に浸れるわけです

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン