このページの本文へ

エレコム、競技型デジタルアート「リミッツ」のオフィシャルサプライパートナーに就任

2019年05月15日 14時00分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは5月15日、ピーエイアイエヌティが運営するクリエイティブスポーツ「リミッツ」のオフィシャルサプライパートナーに就任したと発表。

 リミッツは、競技型デジタルアート。2人のアーティストが直前に決まったテーマに沿って、液晶タブレットでアートを制作し、完成までのプロセスを評価する。制限時間は20分。2015年に大阪で誕生し、世界大会も開催されているという。

 すでにエレコムのペーパーライクフィルムがリミッツ公式競技用フィルムに採用されている。同社は今後も、さまざま製品でリミッツと世界で活躍するアーティストを応援するという。

 オフィシャルサプライパートナー就任を記念して、同社はウェブで応募できる「#ひとリミッツ」キャンペーン第2回を実施。

 20分以内に作品を制作した動画をハッシュタグ「#ひとリミッツ」をつけてツイートするだけで、タブレット用ペーパーライクフィルム 1年分(3枚)やタブレット用グローブ 1年分(3枚)などの「エレコム1年分」が抽選で当選する。リミッツの公式アカウントをフォローするだけで、タブレット用ペーパーライクフィルム (1枚)とタブレット用グローブ(1枚)をあわせた「エレコムお絵かきセット」が抽選であたる。詳細はキャンペーンページを見てほしい。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース