このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

新車を買った情報2019第14回

マツダ ロードスターRFのタイヤ交換で、安いトルクレンチを使う

2019年04月29日 12時00分更新

文● 四本淑三、編集●西牧

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シフトが決まれば連休中の渋滞でも気分は最高。新車を買った情報2019。私は四本淑三であります。

 今回も話題の中心はロードスターRFでありまして、前回に引き続きスタッドレスからのタイヤ交換であります。ところが、いよいよタイヤを外すという段階になって、ホイールナットのサイズが思っていたのと違うんであります。なんと。

ロードスターのホイールナットは17mmだった

 手持ちに21mmも19mmもあるからいいやと思っていたところ、このクルマは17mmのレンチを使うんであります。最近のクルマは17mmが増えているようで、これも小型軽量化の一環なんでしょうか。自動車生活のブランクが長いもので私はよくわかりません。

 車載工具のレンチを使って外してもいいんですが、今回はトルクレンチを使う関係でソケットが必要です。慌てて近所のホームセンターまで買いに走りまして、エーモンの「アルミホイール用薄口ソケット」を買い求めました。799円。お安うございます。

 ソケット外周を樹脂で覆っているので、ホイール側に傷が付かない。その樹脂を外せば、さらに径の小さなナット穴にも対応できる。お尻は21mmのナット形状で、サイズの違うL字レンチに差し込んでも回せるという、ここは昔ながらにコンビニエンスなエーモン仕様であります。

 ソケットの長さはNDロードスターの純正ホイールに対して十分ですが、レンチを動かす際にグリップがボディースレスレになるところもあります。気になる場合はエクステンションバーをかました方が良いかもしれません。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ