このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows Info 第150回

October 2018 UpdateでのWindows Subsystem for Linuxの改良点

2018年12月13日 10時00分更新

文● 塩田紳二 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ファイルエクスプローラーからの起動が可能に

 RS5では、エクスプローラーのコンテキストメニューに「Linuxシェルをここに開く」メニューが追加された。

エクスプローラーのフォルダやファイル領域のバックグラウンドでシフトキーを押しながら右クリックメニューを開くと「Linuxシェルをここに開く」が表示される

 フォルダーやファイル領域のバックグラウンドでシフトキーを押しながら右クリックメニューを表示させると利用できる。以前解説したように、WSLはWindows側からのBashコマンドやディストリビューション名のコマンドで起動できる(第113回「Windows Subsystem for Linuxの起動とバックグラウンドタスク」)。

 エクスプローラーの右クリックメニューは、レジストリで設定可能なので、Windows 10を改良したとまではいえない簡単な機能追加でしかない。ただ、WSLの起動コストは低く、比較的気軽にbash.exeやwsl.exeを起動できる。

 WSLに複数のディストリビューションをインストールしている場合、既定のディストリビューションが起動する。「既定」ディストリビューションの指定はwslconfig.exeコマンドで指定できる。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン