このページの本文へ

東京ゲームショウ2018レポート第31回

ヘッドセットの痛み解消!ゲーマー専用メガネをTGSにて先行販売

2018年09月22日 09時00分更新

文● さかな亭さめ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月21日から23日まで開催中の東京ゲームショウ2018にて、ゲーマー向け眼鏡「GODEYE」を会場で先行販売を実施しており、価格は通常1万6200円のところ1万円。今後は10月末から楽天にて販売開始予定とのこと。

 通常時は普通のメガネスタイルだが、ツルの根本部分にあるスイッチを押すことでツル上下2つに分かれ、「ヘッドセットモード」に変化する。

スイッチを押すとパッと上下に分かれる。このシンプルなギミックがミソだ

 ツルが上部がヘッドセットのパッドを避けるようなかたちになり、耳がツルとパッドに挟まれることで発生する痛みが解消される。ピョコッと飛び出たツルの下部が顔に接触し、メガネの装着感を安定させる。

特殊な装着方法なのでフィット感を調節できるはウレシイ

 先端の耳あて部分を曲げて調節できるので、しっかりメガネを頭部にホールドできる。

 採用されているレンズ「イージスの盾」は、~400nmまでの紫外線をを99%以上カット、380~500㎚までのブルーライトを38%以上カット、400~420㎚までの酸化光線を90%以上カットするとしている。通常のブルーライトカットレンズと比べて透明に近い仕上がりなので、ゲームの雰囲気を邪魔しないのもポイントだ。レンズは度なしだが、全国の「眼鏡市場」にてイージスの盾と同等機能を持つ度付きレンズと交換可能。費用は1万6096円だ。

会場では5種のカラバリで展示していた

 制作したKAZU PLANNING INC.は、普段は普通メガネを制作している会社である。同社の専務取締役である澤田 篤宏氏がオンラインゲーム好きであることが高じて、ヘッドセットを装着していても快適に長時間ゲームができるメガネを制作したいという思いからGODEYEの開発を開始したという。

 確かに、ワンタッチで変化する構造やゲーミングデバイスらしい所々が角ばったデティールなどゲーマーが喜びそうなこだわりが随所に感じられる仕上がりになっている。澤田氏は「アイウエアからゲーマーのみなさんをサポートしたい」と意気込みを語っていた。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ