このページの本文へ

東京ゲームショウ2018レポート第16回

DMM GAMES、PUBG、Samsung SSDのブースで採用

PUBGにR6S、TGS2018のPCゲーム採用ブースにLEVEL∞のゲーミングPC

2018年09月20日 21時30分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PCゲームを取り扱っている複数のブースにLEVEL∞のゲーミングパソコンが設置してあった

 9月20日から23日まで幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2018」。e-Sportsが盛り上がっていることもあり、今年はコンシューマー機向けのソフトだけでなくPCゲームも様々な場所でみられた。

 とくに目立っていたのが、「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」のブース。9月21日に開催予定で、総勢40社の企業が国内最強を目指す「第一回 PUBG企業対抗戦 in TGS」など、大勢で一度にPUBGがプレーできるブースになっていた。ブースには、PUBGが快適に動く機材として、ユニットコムの「LEVEL∞」ブランドのゲーミングパソコンが提供されていた。

今年はPUBG単独のブースがどでかく出展してあった
ブースには、LEVEL∞のロゴが
9月21日には総勢40社が国内最強の企業を目指す「第一回 PUBG企業対抗戦 in TGS」も開催。ブースにいくとうちわがもらえるぞ

 また、PUBGブースの隣にあるSamsung SSDのブースで採用されているマシンも、Samsung SSDを搭載するLEVEL∞のゲーミングパソコンだった。このブースでは、レーシング筐体でユービーアイソフトの「ザ クルー2」が遊べる。また、9月22日に「レインボーシックス シージ ジャパンリーグ powered by Samsung SSD」も開催予定だ。

Samsung SSDのブースでもLEVEL∞のゲーミングパソコンが採用されている
レーシング筐体でユービーアイソフトの「ザ クルー2」が遊べる

 さらにその隣のブースである「DMM GAMES」のブースにも、LEVEL∞のゲーミングパソコンが設置してあった。ここでは、非対称対戦型マルチプレーゲーム「Identity V」が楽しめる。

DMM GAMESのブース
LEVEL∞のゲーミングパソコンで、非対称対戦型マルチプレーゲーム「Identity V」が快適に楽しめる

 PUBGやレインボーシックス シージなど、人気のPCゲームが楽しめるブースにあるLEVEL∞のゲーミングパソコン。東京ゲームショウ2018に足を運ぶ際は、以上のブースに立ち寄ってみてはいかがだろうか。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事