• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

  • THQ NordicがニンテンドーeショップとPS Storeで最大80%オフの「新春セール 2022第二弾」を開催中!

  • スマホ向けアクションRPG『聖剣伝説 ECHOES of MANA』にてキャラ紹介動画公開記念フォロー&RTキャンペーン第3弾を実施!

  • 誕生から36年――新たな「大戦略」となるPC版『大戦略SSB』が2月3日に発売決定!

  • PC『SDガンダムオペレーションズ』に新ユニット「ガンダム・グシオンリベイクフルシティ(最終決戦仕様)」が登場!

  • 装備の生産素材が手に入る!Switch版『モンスターハンターライズ』にて「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」とのコラボが1月21日より実施

  • ゲームアプリ『五等分の花嫁』にて新イベント「五つ子ちゃんと混浴温泉 ~一緒に入るなんていけません!~」が1月16日より開催!

  • 無料のiOS/Android 向けアプリ『チョコボGP’』が配信中!

  • SIEがPS5/PS4『Horizon Forbidden West』の最新映像「部族」を公開!

  • “パイ育”システムが衝撃を与えた『限界凸旗 セブンパイレーツ』が『H(ハイパー)』になってSwitchに登場!

  • PC『ガンダムジオラマフロント』に「大型UPDATE -TACTICS-」第2弾が実装!

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022February

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

希望すら、壊してやる

LOLのキャラクター「エイトロックス」のスキルと見た目がリワーク

2018年06月15日 20時30分更新

文● 白木/ASCII

 Riot Gamesは6月13日、PCゲーム「League of Legends(LoL)」で「エイトロックス」のリワーク内容を発表しました。実装はpatch8.13(プレイヤーベータでは公開済み)。

 エイトロックスといえば、長らくサモナーズリフトであまり見かけない存在と言えました。今回のリワークで彼は自身のセリフ「"Now we turn the tide!"」のとおり、再びサモナーズリフトの流れを変えて、破滅と驚異をもたらすことはできるのでしょうか。

スキル詳細

 

固有スキル:デスブリンガー・スタンス
 次の通常攻撃の射程が増加して自身の合計攻撃力の一定割合と対象の最大体力の一定割合にあたるダメージを与えます。さらに数秒間、対象が受ける回復効果とシールド効果を大きく低下させます。スキルを使用するか「ダーキン・ブレード」の刃先がチャンピオンに当たるたびに、「デスブリンガー・スタンス」のクールダウンが少し短縮されます。

Q:ダーキン・ブレード
 大剣を振り回して最大3回まで連続して攻撃します。再発動のたびに攻撃範囲が変化してダメージが増加して、剣の先端を当てられるとダメージが増加します。

刃先:1回目と2回目の攻撃で剣の先端に当てて、3回目の攻撃で剣の中央に当てると、敵をノックアップしてさらに大きなダメージを与えます。

W:炎獄の鎖
 地面を叩きつけて最初に当たった敵にダメージを与え、少しの間だけ移動速度を低下させます。チャンピオンか大型モンスターに当たった場合、対象は被弾した周囲にできるエリアに鎖でつながれてしまいます。鎖でつながれた敵は数秒以内にそのエリアから出なければ、中央に引き寄せられてふたたびダメージを受けることになります。

E:アンブラル・ダッシュ
自動効果:敵に与えたダメージの一定割合にあたる体力を回復します。
発動効果 :ダッシュして数秒間攻撃力が増加します。「アンブラル・ダッシュ」は最大2回までチャージ可能で、「ダーキン・ブレード」と同時に使用できます。

R:ワールドエンダー
 すべての力を解放して巨大化して、巨大な翼で宙に浮かび上がります。変身時に周囲のミニオンにフィアー効果を与えて、少しの間だけ移動速度が増加します(このボーナスは非戦闘状態になると再発動する)。また、「ワールドエンダー」の効果時間中は体力を蓄える「ブラッドウェル」を獲得して、真の姿でいる間に死んでも復活するようになります。

 スキルの内容としてはかなりパワフルで、基礎ダメージも高いので序盤の戦いではかなり優位を取りやすい印象です。ただCC(Crowd Control:行動妨害効果)を活かすための機動性に乏しいところが難点だと思っています。

 最近のLeague of Legendsの環境は多種多様なメタ(戦術)が生まれる楽しい環境になっていて、これからどのようなメタが誕生するのかすごく楽しみです。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう