このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2017レポート第39回

すごく短いGTX 1080 TiなどZOTACがCOMPUTEXで展示したVGA

2017年06月05日 00時46分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ZOTACといえば、やはりGeForce搭載ビデオカード。日本での発売が期待できそうな新製品がCOMPUTEX TAIPEI 2017でいくつか展示されていたので、まとめてチェックしておこう。

ZOTACが今後発売予定としているGeForce搭載ビデオカードの数々。水冷仕様のモデルも多い

 「GEFORCE GTX 1080 TI MINI」は、その名の通り、GeForce GTX 1080 Tiを搭載したショート版ビデオカード。基板の長さは211mm。Mini-ITXサイズとまではいかないが、それでも容量制限のある小型ケースで、最新ハイエンドビデオカードが搭載できる。クロック設定は控えめなOCながら、このサイズに魅力を感じる人は多いはずだ。

長さ211mmとショート基板のGeForce GTX 1080 Ti搭載モデル「GEFORCE GTX 1080 TI MINI」。コアクロック1506MHz、ブーストクロック1620MHz、メモリークロック11000MHz

 同時に紹介するのが、やはりGeForce GTX 1080 Ti搭載のショート版ビデオカード「GEFORCE GTX 1080 TI ARCTICSTORM MINI」。Thermaltake製の水冷ブロックを装着した製品で、こちらも基板の長さは211mmと非常に短い。小型のDIY水冷マシンに組み込むならこちらがオススメだ。

GeForce GTX 1080 Ti搭載のショート版水冷モデル「GEFORCE GTX 1080 TI ARCTICSTORM MINI」

 水冷関連でいえば「GEFORCE GTX 1080 TI ARCTICSTORM」も展示。16+2フェーズの電源回路を採用するなど、オリジナル基板をベースにThermaltake製の水冷ブロックを装着したモデル。「GEFORCE GTX 1080 TI ARCTICSTORM MINI」よりもOC向けのモデルといえるだろう。

「AMP Extreme」をベースとした水冷モデル「GEFORCE GTX 1080 TI ARCTICSTORM」。コアクロック1506MHz、ブーストクロック1620MHz、メモリークロック11000MHz

 最後に紹介するのが、まもなく国内販売が始まる「GEFORCE GTX 1080 TI AMP EXTREME CORE EDITION」。シリーズ最上位「AMP Extreme」と同等のVGAクーラーを採用しつつクロックを抑えたモデル。過度なオーバークロックは不要だが、3連ファンのIceStormでしっかりと冷却して使いたい人向けの製品だ。

3連ファンのIceStormを使いたいが、それほどOCされていなくてもよい。そんなニーズに応える「GEFORCE GTX 1080 TI AMP EXTREME CORE EDITION」

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中