このページの本文へ

Android Wear 2.0、単独Wi-Fi通信を備えて端末いらずに

2017年02月09日 19時21分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米Googleは2月8日(現地時間)、ウェアラブル端末向けOSの新メジャーバージョン「Android Wear 2.0」の提供を発表した。

 「スタンドアローンアプリ」「通信やセンサーのオプション拡大」「新しいユーザーインターフェイス」「ウォッチフェースのカスタマイズ機能の拡充」「Google Fitの強化」「入力方法の拡充」「Google Assistant」などの新機能や強化がされた。

 スタンドアローンアプリとはスマートフォンとの連携を必要とせず、Android Wearウォッチのみで使用できるアプリ。スマートフォンを持ち歩いていない時でも、独立したAndroidデバイスとして活用できる。

 Android Wearウォッチでアプリをインストールすることもできる。さらにNFC対応のウォッチ上では、「Android Pay」もサポートされる。

 ワイヤレス機能はBluetoothのほか、単独のWi-Fi通信、LTEを含むセルラー機能など、スマートウォッチを単独でネット機能に対応させるオプションをサポート。

 入力機能は、指先でなぞるようにしてキーボード入力が可能なSwiftKey入力や手書き認識など。

 「Google Assistant」にも対応しユーザーからの音声コマンドに応じて、質問に答えたり、メッセージを送信したり、タイマーを開始できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ