ADATA「ASX8000NP-128GM-C」、「ASX8000NP-256GM-C」、「ASX8000NP-512GM-C」

ADATAから3D MLC NAND採用のNVMe SSDが登場

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ADATA初となるNVMe1.2規格のPCI Express Gen3 x4対応M.2 SSD「XPG SX8000」シリーズが登場した。ラインナップは128GB「ASX8000NP-128GM-C」、256GB「ASX8000NP-256GM-C」、512GB「ASX8000NP-512GM-C」の3モデル。

ADATA初となるNVMe1.2規格のPCI Express Gen3 x4対応M.2 SSD「XPG SX8000」シリーズ

 「XPG SX8000」シリーズは、Silicon Motion製コントローラー「SMI 2260」と3D MLC NANDフラッシュを組み合わせたM.2 SSD。NANDフラッシュの一部をSLCモードで動作させる「SLCキャッシング」とDRAMキャッシュで、高速化を図っている。

Silicon Motion製コントローラー「SMI 2260」と3D MLC NANDフラッシュを組み合わせたM.2 SSD。3モデルが用意される

 512GBモデルの転送速度はシーケンシャルリード2400MB/sec、同ライト1000MB/sec、ランダムリード10万IOPS、同ライト14万IOPS。以下、256GBモデルはシーケンシャルリード2500MB/sec、同ライト600MB/sec、128GBモデルはシーケンシャルリード1000MB/sec、同ライト300MB/sec。

 価格は128GBモデルから順に8980円、1万3800円、27800円。ドスパラ パーツ館で販売中だ。なお、詳細なパフォーマンスについては、ADATAがM.2 SSDを投入! 「XPG SX8000」の実力は?で詳しくレビューしているので参照してもらいたい。

【関連サイト】

【取材協力】

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
06月
07月
08月
09月
12月
2019年
03月
04月
05月
06月
10月
12月
2018年
05月
06月
08月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
2016年
01月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2015年
07月
08月
2014年
04月
06月
07月
2013年
02月
03月
06月
2012年
09月
2010年
01月
2003年
07月