このページの本文へ

東芝「THNSN5128GPU7」、「THNSN5256GPU7」

東芝製の安価なNVMe対応SSD「XG3」のバルク版が入荷

2017年02月02日 22時09分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝製のNVMe対応SSD「XG3」シリーズのバルク版が登場。パソコンショップアークで販売中だ。ラインナップは、容量128GBの「THNSN5128GPU7」と256GBの「THNSN5256GPU7」2モデル。

東芝製のNVMe対応SSD「XG3」シリーズのバルク版。容量128GBの「THNSN5128GPU7」と256GBの「THNSN5256GPU7」2モデルが登場

 「XG3」シリーズは、ノートPC向クライアントシステム向けSSDとして2015年にリリースされたNVMe対応SSD。M.2対応モデルのほか、SATA Express対応の製品も用意されている。発売された2モデルはいずれも「抜き取り品」のため、バルク扱いで保証は6ヵ月となる。

 主なスペックは、「THNSN5128GPU7」の転送速度がシーケンシャルリード2202MB/sec、同ライト629MB/sec、「THNSN5256GPU7」がシーケンシャルリード2621MB/sec、同ライト1153MB/sec。

 価格は「THNSN5128GPU7」が5780円、「THNSN5256GPU7」が1万2980円だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中