このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」第240回

もうスマホを見失わない、無くし物を探せる「Qrio Smart Tag」を活用する技

2016年12月16日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バッグや財布をどこかに忘れてしまったとか、家の中にあるはずなのにスマホが見つからない、といったことはよくある。そんな無くし物を探し出せるIoTデバイスがある。今回は「Qrio Smart Tag」を使って無くし物を見つける技を紹介しよう。

「Qrio Smart Tag」があれば、忘れ物をした場所を確認したり、見当たらないスマホを発見したりできる

ソニーデザインのポップなIoTデバイス

 無くし物を探せるIoTデバイス「Qrio Smart Tag」の予約販売がスタートした。実機は来年1月から発送される予定だが、一足早くお借りできたので使い勝手を紹介したい。

 「Qrio Smart Tag」はモノとスマホを連携させて、無くし物を見つけられる製品だ。見た目がポップで、IoTガジェットっぽくない。実は「Qrio Smart Tag」のデザインはソニーのデザインチームが手がけているのだ。サイズは46×26×8.5mmで、重量は10g、電源はボタン型電池CR2032で、電池寿命は約6ヵ月だ。ケースはABS樹脂で防水性はなし。通信機能はBluetooth 4.0 Low Energyを備える。iOSとAndroid用のアプリが公開されている。

 まずは、電池をセットしよう。付属のねじ回しでふたを外し、ボタン型電池をセットする。その際LEDが3秒間ほど赤く光ればOK。ふたを閉めよう。ねじは小さいのでなくさないように注意すること。万一紛失した場合はひとつだけ予備が同梱されている。

「Qrio Smart Tag(キュリオスマートタグ)」はアスキーストアで扱っており、予約販売価格は3980円(税込み)
「Qrio Smart Tag」のデザインはソニーが手がける。ボディカラーは5色。今回お借りしたのはネイビーだ
付属のドライバーでネジを外す
ボタン型電池をセットし、LEDが赤く光ることを確認する
ふたを閉める。ネジはとても小さいのでなくさないように注意!

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン