このページの本文へ

マウスの表面は、アンティークレザーのひび割れのようなエンボス加工を採用

神秘的! 中身のギミックが透けて光るUSBマウス

2016年10月27日 16時36分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は10月27日、透明カバーで中身が見えるUSBマウス「DN-914140」を発売した。価格は799円。

 透明カバーを採用し、中身が見えるUSB有線マウスだ。マウス本体の窓からブルーLEDの光りが見えるギミックになっている。DPI切換ボタン搭載し1000/1600/2400/3200dpiの4段階に切り換え可能だ。「進む」「戻る」のサイドボタンも搭載している。

 マウスの表面は、アンティークレザーのひび割れのようなエンボス加工を採用。サラっとした手触りで滑りにくくなっている。カラバリはブルーとブラックの2色。

 サイズはおよそ幅65×奥行き80×高さ71mmで、重量はおよそ107g。読取方式はブルーLEDで、ボタン数は4つ。接続インターフェイスはUSB。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ