このページの本文へ

デジタル音声をアナログ変換できるサウンドユニットが再生中に光る

パーリーピーポーにおすすめ! ミラーボール風USBサウンドユニット

2016年10月28日 17時45分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は10月28日、ミラーボール風 USBサウンドユニット「DN-914139」の販売を開始した。価格は999円。

 PCなどにUSBで接続することで、デジタル音声をアナログ変換できるサウンドユニット(DAC)だ。再生しているサウンドの特徴にあわせて光り方が変わる、ミラーボール風のLEDライトも搭載。ハロウィンなど、パーティーを華やかに演出するパーティーライトとしても使用できる。

 本体には、3.5mmステレオミニ出力端子とマイク用入力端子を搭載。ボリューム調節とイコライザーボタンも付いている。イヤフォンやヘッドフォンをつなげると、異なる音質で音楽を再生できる。また、マイクを使ってカラオケも楽しめる。本体にスピーカー機能はなく、直接サウンドを出力することはできないので注意してほしい。

 対応OSはWindows 10/8.1/8/7/Vista。インターフェースはUSBで、出力/入力端子は、3.5mmステレオミニ出力端子/3.5mmマイク入力端子。サイズはおよそ幅60×高さ36×ケーブル830mm。重量はおよそ35g。給電用USB-microUSBケーブルが付属する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ