このページの本文へ

ドコモの格安スマホがさらに新しくなって登場

ドコモ、2万円台のコンパクトスマホ「MONO MO-01K」11月30日発売

2017年11月28日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「MONO MO-01K」(ホワイトとブラックの2カラーがラインアップ)

 NTTドコモは11月27日、コンパクトな「ドコモ スマートフォン MONO MO-01K」を発表。11月30日に発売する。

 5型液晶(720×1280ドット)を備えるZTE製のAndroid 7.1スマホで、CPUにはSnapdragon 435/Qualcomm MSM8940を採用、3GB RAM/32GB ROM、インカメラ/アウトカメラなどを装備。キャップレスで防水性能IPX5/7に対応するほか、ワンタッチでマナーモードとなる専用スイッチを搭載。

 本体サイズはおよそ幅69×高さ142×厚み8.9mm、重量はおよそ153g。機種代金は2万5272円(新規および機種変更、一括払いの場合)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン