このページの本文へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第131回

セブン×コールド・ストーンのチョコミントアイス 甘さで勝つ

2016年09月01日 16時00分更新

文● コジマ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 全国1000万人のチョコミント好き、チョコミン党のみなさま、ご機嫌いかがでしょうか。9月に入り、いよいよチョコミントの季節という感じですね。ちなみにチョコミントの旬を知っていますか? 1年中だよ!

 さて、今回はセブン-イレブンとコールド・ストーン・クリーマリーが共同開発したアイスバー「プレミアムアイスクリームバー クランチーチョコミンスター」を食べます。価格は250円。367kcal。

 なお、コールド・ストーン・クリーマリーということで、セブン-イレブンの店頭で「お買い上げありがとうございました〜♪」と歌いだされたらどうしようかと不安になりましたが、そんなことはありませんでした。

パッケージはこんな感じです
「ココアとミントとチョコが入ってるからな」と訴えてくる、実にわかりやすいデザイン
栄養成分表。さすがの数字というべきか

 ミントアイスクリームにチョコチップと生チョコレートを混ぜ、外側をココアクランチ入りのパリパリとしたチョコレートでコーティングしてある。ザクッとした歯ごたえと、パリッとした食感が楽しめるそうです。

 “チョコミント”好きの人向けに開発されたアイスバーをうたい、コールド・ストーン・クリーマリー店舗と同じ、生クリームをたっぷり使ったミントアイスクリームをアレンジ。ミントの爽快感をさらに高めているといいます。

見た目はかなりココアクランチの“粒感”が目立つ感じ
写真だとわかりにくいですが、アイスの中央部にはやわらかい生チョコが入れられています

 甘いです。この甘いは「お前はまだまだチョコミントの何たるかがわかっとらん! 出なおせ!」という叱責ではなくて、「sweet」の意味です。

 ココアクランチ入りのチョコレートが、かなり甘めの味に仕上げてあるのが、全体の味を決定づけています。さらに、中には生チョコも入られています。このあたりが「甘い」という印象を強くするのでしょう。

 ミントアイス部分のミント感は控えめ。生クリームを使っているためか、なかなかまろやかな食感。ミントが少ないというより、アイスそのもののコクが強いため、相対的に強く感じないのだと思われます。

 今回は「どちらかというとミントが強いほうが好き」という盛田さんも試食しました。

筆者の隣の席というわけで、やたら試食記事に登場する盛田さん

 盛田さん「甘い。親しみのあるミント感で油断させ、強力な甘さのチョコレートで一気に攻め込んでくる。いかにもアメリカらしいやり口だ。嫌いじゃない」

 一言で言えば「どっしり濃い目」のチョコミントアイスでしょうか。しっかりとした食べごたえを求めるならとてもおすすめできます。逆に、「明治エッセル スーパーカップ」のようなミント感の強さや、赤城乳業の「チョコミント」バーのようなさくっとした軽さがほしいなら、少し外れるかもしれません。いずれにせよ、アイスバーとしての完成度は高いといえます。

「自分は好きなモノに対して手を抜かない」とアピールする筆者。このあと、食べて2秒でだらしない笑顔になっていました

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!