このページの本文へ

最新パーツ性能チェック第197回

安価なSanDisk「SSD PLUS」の使いどころは!?

コスト重視のPC自作に狙い目のSanDisk「SSD PLUS」

2016年08月11日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新旧モデルのパフォーマンスをチェック

 まずは、型番末尾がJ25、またはJ25Cとなる旧型が、若干残っているショップもある120GBモデルを使って、新旧のパフォーマンスを軽く比べてみることにした。

 テスト環境は以下のとおりで、OSはテストを行なうSSDとは別のSSDから起動。各種テストは、テストSSDになにもデータが書き込まれていない状態で行なっている。

テスト環境
CPU Intel「Core i7-6700K」(4GHz/TB時4.2GHz、4コア/8スレッド)
マザーボード ASUS「Z170M-PLUS」(Intel Z170 Express)
メモリー G.Skill「F4-3000C15Q-32GRK」(PC4-24000、8GB×2)
ビデオカード Intel HD Graphics 530(i7-67600K内蔵)
SSD SanDisk「SDSSDHII240G」(240GB)
電源ユニット Seasonic「SS-750KM」(750W/80PLUS GOLD)
OS Windows 10 PRO(64ビット)

「SDSSDA-120G」の新型(左)、旧型(右)のCrystalDiskInfo。OS上で認識される型番などに違いはなかった

新型「SDSSDA-120G-J26」の結果

旧型「SDSSDA-120G-J25」の結果

CrystalDiskMark 5.1.2 1GiB

 新型(左)のシーケンシャルライトは公称スペックとなる402.5MB/secで、旧型(右)からは2倍近く向上している。

新型「SDSSDA-120G-J26」の結果

AS SSD Benchmark 1.9.5986.35387 1GB

旧型「SDSSDA-120G-J25」の結果

AS SSD Benchmark 1.9.5986.35387 1GB

 新型のシーケンシャルライトは「CrystalDiskMark」、「AS SSD Benchmark」ともに向上しているが、「AS SSD Benchmark」のランダムリード・ライトの結果は旧型が上回り、総合スコアも旧型が勝る結果になった。

 新旧問わず言えることだが、ランダムアクセスが低めなのは、DRAMキャッシュ非搭載なのが影響していると思われる。ただ、SSDのなかで低めなのであって、HDDとは雲泥の差がある。

 SSDならではの快適な操作感が損なわれることはないだろうが、DRAMキャッシュを搭載するエントリーやメインストリームSSDを使ったことがある人は、若干の引っかかりを感じるかもしれない。

新型「SDSSDA-120G-J26」の結果

旧型「SDSSDA-120G-J25」の結果

PCMark 8 Storage

 Officeや写真、動画編集、ゲームなどのアプリケーションを使用した際のストレージパフォーマンスを計測する「PCMark 8」の「Storage」テストでも、ランダムのパフォーマンス差が影響してか、アプリケーションごとの差はわずかだが、旧型が勝る結果になっている。

 120GBという容量的に、動画や写真の編集やゲームをガッツリ行なうPCに搭載することはあまりないと思うが、「SDSSDA-120G-J25(またはJ25C)」が残っているショップでは、旧型を選んだほうが良いかもしれない。

マイナーチェンジで追加された
売れ筋容量の480GBモデルをチェック

 残りの空き容量をあまり気にせずに保存でき、1万台前半から選べるとあって、売れ筋になっている500GBクラスのSSD。新型の「SSD PLUS(J26/J26C)」では、新たに480GBが追加されたので、そのパフォーマンスをチェックしてみた。

 ベンチマークは120GBモデルと同じく、「CrystalDiskMark」と「AS SSD Benchmark」、「PCMark 8」を使用している。

容量480GBの「SDSSDA-480G-J26C」のCrystalDiskInfo。実売価格は1万3500円前後だ

CrystalDiskMark

AS SSD Benchmark

PCMark 8のStorageテスト

 「CrystalDiskMark」の計測結果は、シーケンシャルライトが公称スペックのとおり、450MB/secにアップしているが、そのほかは120GBの「SDSSDA-120G-J26」と同じ傾向になっている。「AS SSD Benchmark」も同じだが、4Kランダムテスト「4K-64Thrd」のライト速度は242.95MB/sec(6万2196IOPS)と、120GBモデルから大きく向上している。

 「PCMark 8」の「Storage」テストは、トータルスコア“4802”、bandwidth“150.83MB/s”と、「SDSSDA-120G-J26」から大きくアップしている。ただ、bandwidthが150MB/sec台なのは、エントリーSSDのなかでもちょっと低めになっている。

 ちなみに、テスト環境や「PCMark 8」のバージョンが違うが、SanDiskのメインストリーム向けSSDの「Ultra II SSD」では、トータルスコアが5000前後、bandwidthが280MB/s程度になっている。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中