このページの本文へ

キャッシング技術で書き込みも高速化

ウエスタンデジタル、サンディスクSSDシリーズに2TBモデルを追加

2020年03月09日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウエスタンデジタルは3月9日、サンディスクブランドのSSD PLUSシリーズに、容量2TBの「サンディスクSSD PLUSソリッドステートドライブ2TB」を追加、出荷を開始した。

 SLCキャッシングにより書き込みパフォーマンスを向上させ、シーケンシャル最大読出し速度は545MB/秒、シーケンシャル最大書込み速度は450MB/秒。ウェブ閲覧やメール、書類作成、ゲームやオーディオ・ビデオエンターテインメントなどの一般的なPC作業負荷を最適化することができるとしている。

 また、SSD診断ソフトウェアの「サンディスクSSDダッシュボード」は、簡単なセットアップでドライブの状態をモニタリング可能、ドライブ解析ツールやファームウェア更新のアラートなどの機能を備える。

 インターフェースはSATA III、サイズはおよそ幅100.5×奥行き7×高さ69.95mm。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン