このページの本文へ

SanDisk「SDSSDA-120G-J25」、「SDSSDA-240G-J25」

SanDisk製SSD最安クラスの「SSDプラス」シリーズが発売

2015年07月17日 23時27分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 税抜5000円台で購入可能な、SanDisk製の新型SSD「サンディスクSSDプラス」シリーズが発売された。発売されたのは128GBモデル「SDSSDA-120G-J25」と240GBモデル「SDSSDA-240G-J25」。

SanDisk製の新型SSD「サンディスクSSDプラス」シリーズ

 人気のSanDisk製SSDにお買い得なエントリー向けSSDが登場した。NANDフラッシュには、SanDisk製MLC NANDを採用。転送速度はシーケンシャルリード520MB/sec、同ライト350MB/sec(120GBモデルは180MB/sec)。上位モデルと比較するとやや書き込み速度が劣るものの、読み込みスピードは十分なスペックだ。

 製品の保証は3年。ドライブの監視、TRIMの実行、ファームウェアアップデートの通知等の管理ツール「サンディスクSSDダッシュボード」も利用可能だ。

 価格は120GBモデルが6458円、240GBモデルが1万778円。BUY MORE秋葉原本店やツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中。

上位モデルと比較するとやや書き込み速度が劣るものの、読み込みスピードは十分なスペック。データ用に購入するのもいいだろう

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中