このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

神が宿る乳“やなパイ”が制服姿に!? そして、切実な悩みとは……?

2016年07月19日 19時00分更新

文● 清水、編集●オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 見た目の破壊力はグラビア界最強! 爆乳を超えた100cm・Iカップは、神乳の領域に達している“やなパイ”こと柳瀬早紀さんが、Blu-ray&DVD「僕の女神さま」(発売:ラインコミュニケーションズ/両方とも4104円)を発売。7月17日に秋葉原のソフマップアミューズメント館で記念イベントが行なわれた。

 前回は5・6作目の2本同時リリースだったので、今回が7作目。すでに今年に入ってから3度目のイベント開催なのだが、毎回多くのファンで会場が賑わっている。撮影はタイのプーケットで4月に実施。現地で28歳の誕生日を迎え、サプライズでお祝いもしてもらったそうだ。

――今作はどんな設定ですか?

【柳瀬早紀】地方のアナウンサーで、旦那様の帰りを待っているという奥さん(笑)。初めてのシチュエーションで面白かったです。

――気に入っているシーンは?

【柳瀬早紀】セクシーな黒い水着を着たベッドのシーン。胸の収まりが良くて好きです。あと、制服を着ました! 最初に聞いたときは「えっ、制服ですか!?」と驚いたのですが、懐かしいなと思いました。久しぶりに着たので見てほしいです。

――それにしても、胸のサイズに見合った水着や服を見つけるのは大変そうですよね。

【柳瀬早紀】水着などはマネージャーさんと探しに行くのですが、見つけるのが大変なんですよ。けっこう切実な悩みです。

――プライベートでも、外を歩いていたら目立ちそう……。

【柳瀬早紀】夏は胸が目立たないように着込んでいます。むしろニットを着る冬のほうが、(見た目が)大胆になってしまうかもしれません。

 ロケなどでは、横から見られて「ミサイルとか新幹線みたいだと言われる」という神乳。圧倒的なボリュームは、もはや敵なしの状態だ。昨年からすごいと話題になった柳瀬さんだが、今年もこのままの勢いで突っ走っていきそうだ。撮影会なども行なっているので、ツイッターはこまめにチェックしておきたい。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ