このページの本文へ

コスパ良好! 13万円台で購入できるゲーミングPC「GALLERIA QSF965HE」の外観チェック

2016年05月18日 09時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3Dグラフィックスで描かれたPCゲームを快適に遊ぶことを目的とするゲーミングPCでは、高負荷にも耐えられる環境が重要だ。しかし、性能の高いCPUやビデオカードを搭載すれば、それだけ高価になってしまう。そこで今回紹介するのは、4コア8スレッドのCPUを搭載しながら、13万円台という価格で購入できる「ガレリア」シリーズのミドルレンジゲーミングPC「GALLERIA QSF965HE」だ。

 CPUにはインテルCore i7-6700HQモバイル・プロセッサー(2.60GHz)、ビデオカードにはNVIDIA GeForce GTX 965M 4GBに加え、インテルHDグラフィックス530を搭載し、NVIDIA Optimusによって切り替えて利用する、この「GALLERIA QSF965HE」について解説する。

「GALLERIA QSF965HE」の外観。筐体は濃いグレーで落ち着いた指触りの感触。正面に配置された赤いパーツが目を引く

ディスプレーは15.6型のノングレア

 外観は幅386.25mm×奥行き264.9mm×高さ37mm。ディスプレーに15.6型のノングレアを用いているため、ゲームプレイの際に照明の映り込みを低減できるのはありがたい。解像度は1920×1080ドットのフルHD対応だ。

 本体重量はバッテリーを含めておよそ2.75kgなのでそれなりの重量を感じる。2.75kgといったら生まれたての赤ん坊とほぼ同じであり、毎日のように持ち歩くには少々厳しいが、ゲーミングPCとして据え置いて使うことを考えると、特に問題ないだろう。ちょっと場所を変える程度であれば負担になるような重さではない。

「GALLERIA QSF965HE」を全面から見たときの写真

M.2スロットは背面のフタを開けるだけでアクセス可能

 メモリーはPC4-17000の8GB。内部スロットは2つで、4GBが2枚ささっているため空きスロットはない。8GBでは心許ないという場合には、+7000円程度で16GBに構成を変更することができる。メモリは最大32GBまで拡張することができる。

 ストレージには250GBのSSDと1TBのHDDが搭載されている。SSDが取り付けられているM.2スロットはもう1つ空いているので、不足するようであれば追加することもできる。なお、SSDのOSなどのプリインは20GB程度のため、購入時は200GB以上の空きがあり、買ってすぐに困るということはないだろう。

メモリーやHDDは底面を開けて変更することができる。SSDが取り付けられている横にM.2スロットが1つ空いているのがわかる。左側はバッテリーパックの装着部分だ

 バッテリーは4180mAhのリチウムイオンバッテリーが使われている。カタログスペックでは約2時間となっているが、実際に使ってみた感触ではもう少し短いイメージだった。持ち運んで使うにはかなり短いという印象なので、ACアダプターでの接続は必須だろう。

ACアダプターはグラフィックスを搭載しているため大きめ。持ち運ぶにしても据え置くにしても少々スペースを考えないといけない

 外部出力は、USB 2.0が2つ、USB 3.0が2つ、USB 3.1 TypeCが1つある。USB 3.1ポートはGEN1のようだが、これだけの数のポートがあれば、周辺機器の接続に支障はないだろう。さらに、HDMIや1000BASE-T有線LAN、SDカードリーダーも搭載されている。アナログRGBはないので手持ちのディスプレーがHDMI接続できるか確認する必要はあるが、最近のディスプレーでHDMI接続できないものは少ないので特に問題はないだろう。

PC背面は電源、HDMI、有線LAN、USB 3.0×2、USB 3.1のポートがある
PC右側面はヘッドフォンとマイク端子、USB2.0×2を配置

 接続ポートはPC背面と右側面に集められている。ディスプレーの裏側ということを考えると背面のUSBポートの抜き差しが若干しづらいが、外付けHDDなど、頻繁に抜き差ししないものは背面、USBメモリーなどの抜き差しして使うものは右側面という感じだろうか。ただ、速度面を考えると右側面にUSB 3.0のポートが1つ欲しかった。

 ネットの接続は無線LANとしてIEEE802.11 a/b/g/n/acが搭載されている。最新の無線LAN規格であるIEEE802.11 acで接続できるため、通信はかなり高速。大きな動画再生などでも特にストレスなく、快適に使うことができた。

 「GALLERIA QSF965HE」の基本構成は次の通りだ。

機種名 GALLERIA QSF965HE
CPU Intel Core i7-6700HQ(2.60GHz、ターボブースト時は3.5 GHz)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 965M 4GB+インテル HDグラフィックス530
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD、1TB HDD
ディスプレー 15.6型ノングレアワイド(1920×1080ドット)
光学式ドライブ -
通信規格 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.1端子×2、USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×2、HDMI 1.4×1、マイク入力、ヘッドフォン端子、SDカードスロット×1、有線LAN端子
サイズ/重量 およそ幅376.25×奥行き264.9×高さ37mm/およそ2.75kg
OS Windows 10 Home(64bit)

 次回は、「GALLERIA QSF965HE」の操作感やCPU性能の実力などについて解説する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ