このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Core i7-6700&GTX 1080を搭載した「GALLERIA XG」で重量級ゲームも快適プレー

2016年06月30日 17時00分更新

文● 加藤勝明、編集●オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨今は家庭用ゲーム機とPCでマルチ展開するゲームが増えてきたが、ゲーム画面描画の滑らかさや画質を重視するなら、断然PCを使う方が有利だ。だが画質を上げればその分だけハードへの要求も増えてくる。現行ゲームはもちろん、今後出てくる大作も最高の環境で遊べるPCがすぐ欲しいなら、ドスパラの「GALLERIA XG」がオススメだ。

 ゲーミングPC、特に重量級ゲームを高画質でプレーすることを目的にしたPCの場合、ハードウェア構成を一点豪華主義にするのではなく、全体に弱点を作らない構成にすることが求められる。なおかつ価格とのバランスも重要だ。このGALLERIA XGがどうバランスをとっているのか、さまざまな側面からチェックしていきたい。

同社直販サイトにて19万9980円(税別)で販売中の「GALLERIA XG」

写真でみるGALLERIA XG

 GALLERIA XGの基本スペックは以下の通りだ。CPUにインテル Core i7-6700 プロセッサー、GPUにNVIDIA GeForce GTX 1080を組み合わせ、さらにストレージは480GBのSSD+2TBのHDDという速度と容量の両面に余裕をもたせた構成となっている。

「GALLERIA XG」の主なスペック
CPU インテル Core i7-6700 プロセッサー(3.4GHz、ターボブースト時は4GHz)
グラフィックス GeForce GTX 1080
メモリー 8GB PC4-17000
ストレージ SSD 480GB(SATA)+HDD 2TB(SATA)
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
インターフェース USB 3.0端子×5(うちType-C×1)、USB 2.0端子×2、ギガビットLAN、サウンド入出力など
サイズ/重量 およそ幅207.0×奥行き520.7×高さ450.2mm/約13.9kg
OS Windows 10 Home(64bit)
価格 19万9980円(税別)

 筐体は同シリーズおなじみのミニタワーケースを採用。前面は下部が吸気用のメッシュ、上部が5インチベイ4基というややクラシカルなスタイルだが、5インチベイが多い分後からさまざまなドライブやベイアクセサリーを組み込めるため長く使えることだろう。中段にUSB 3.0端子やメモリーカードリーダーも配置されているため、机の上でも床置きでも使いやすい。

5インチベイを5基(うち1基は光学ドライブ)備えるGALLERIA XGのフロントパネル。USB 3.0やヘッドフォン端子等が中段に配置されている
背面の端子はオーソドックスな配置。USB 3.0端子(青)のすぐ上にUSB 3.0のType-C端子が用意されている
左サイドパネルはGPUとCPUの部分にファンが増設できるよう吸気口を設置。さらにマザー裏側にも熱気を逃がすための小さな放熱孔が設けられている。天井にもファンがあるため、熱が篭ってしまう心配は皆無
スッキリとまとめられた内部構造。図右下のシャドウベイは手で簡単に引き出せるうえに、電源も容易に引き出せるようまとめられているため、ドライブの増設は簡単だ
CPUクーラーは比較的小型のものが採用されているが、Core i7-6700自体が元々低発熱なことと、6700はオーバークロックできないモデルなので、コンパクトなCPUクーラーでも大丈夫
ビデオカードは現時点で最速のGTX 1080を採用。ビデオメモリーは“GDDR5X”という従来のGDDR5を拡張したものを採用。メモリー搭載量は8GBと大盤振る舞いだ
付属のマウスとキーボード。キーボードはNキーロールオーバーや剛性を高める金属プレートを搭載。マウスもdpi切り替え対応のレーザーマウスとゲーミング仕様だが、BTOや同社の通販を利用して、自分の手になじむゲーミングデバイスを探してみるのもアリ

前へ 1 2 3 次へ

関連サイト
コンテンツ