このページの本文へ

NVMe接続対応M.2スロットも!

Thunderbolt3にも対応、Quadro M1000M搭載の17.3型ノートPC「raytrek QSF1000HGWS」

2016年05月13日 18時31分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブデジノスは、Quadro M1000Mを搭載した17.3型モバイルワークステーション「raytrek QSF1000HGWS」の販売を、ドスパラ各店舗およびドスパラ通販サイトにて開始した。価格は23万7578円。

「raytrek QSF1000HGWS」

 グラフィックスに搭載されているQuadro M1000Mは、GPUボタンを押すことでIntel HD グラフィックス530のみで動作させる省電力機能を搭載。CPUはCore i7-6700HQ(2.6GHz、TB時最大3.5GHz)で、メモリーはPC4-17000 8GB。ストレージには250GB SSDを備えているが、NVMe接続に対応したM.2スロットも用意している。背面部に搭載されたUSB3.1 Type-Cコネクターは Thunderbolt3にも対応している。本体サイズは幅428×奥行き)294×高さ48mmで重量は約3.7kg。OSはWindows 10 Homeをプレインストールする。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ