このページの本文へ

OpenGLに最適化、Quadro M2000搭載デスクトップPC2機種発売

2016年05月20日 21時14分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブデジノスは、クリエイター向けPC「raytrek」シリーズにおいて、グラフィックスにQuadro M2000を搭載したデスクトップPC「raytrek LT M2」「raytrek LC M2」の販売をドスパラ各店舗およびドスパラ通販サイトにて開始した。価格は「raytrek LT M2」が17万8178円、「raytrek LC M2」は18万3578円。

raytrek LT M2

 Quadro M2000は、4K出力対応のDisplayPortを4つ搭載。QuadroはGeForceシリーズとは異なり、3DCGの作成やCAD用途で使うアプリケーションで多く用いられるOpenGLに最適化されているのが特徴だ。

raytrek LC M2
機種名 raytrek LT M2
CPU Intel Core i7-6700(3.4GHz、ターボブースト時は4GHz)
グラフィックス NVIDIA Quadro M2000 4GB
メモリー 16GB
ストレージ 250GB SSD、2TB HDD
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
電源 500W 静音電源 (AcBel 製 / 80 PLUS BRONZE)
ケース EM041 ミニタワーケース (MicroATX)
OS Windows 10 Home(64bit)
機種名 raytrek LC M2
CPU Intel Core i7-6700(3.4GHz、ターボブースト時は4GHz)
グラフィックス NVIDIA Quadro M2000 4GB
メモリー 16GB
ストレージ 250GB SSD、2TB HDD
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
電源 500W 静音電源 (AcBel 製 / 80 PLUS BRONZE)
ケース LDケース (ATX)
OS Windows 10 Home(64bit)

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ