このページの本文へ

グラフィック機能を強化、イラスト作成などクリエイティブな作業におすすめ

クリエイター向けパソコン「raytrek」シリーズからGeForce MX150搭載ノートPCが登場

2020年01月17日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは1月17日、クリエイター向け15.6型ノートパソコン「raytrek VF-HEW」を発売した。

 CPUにはインテルCore i7-8565Uを採用し、グラフィックスにNVIDIA GeForce MX150を搭載。グラフィックス機能の強化により、イラスト作成や写真編集などクリエイティブな作業を多用する人におすすめのモデルとしている。

 液晶解像度は1920×1080ドット、メモリー16GB、1TB SSDを搭載する。本体サイズはおよそ幅362×奥行き246×高さ22mm。価格は12万978円。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ