このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」第220回

iPhone 6sをドライブレコーダーとして活用する技

2016年03月09日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

前後10秒じゃ短い! 運転中はずっと録画する

 前後10秒じゃなく、運転中はずっと録画しておきたい、と言う人もいるだろう。ストレージに余裕があるならiPhoneのカメラ機能で動画撮影してしまえばいいだけだが、容量がすごいことになってしまう。最低画質にしたとしても720p/30fpsなので、1時間録画すると約3.6GBになってしまう。

iPhoneの設定だと、720p/1080p/4Kで30/60fpsしか選べない。最低の720p/30fpsでもそこそこ高画質で、1分の録画で約60MBのファイルサイズになる

 そんな時は「ナビロー」がオススメ。こちらも無料で、メインの機能はカーナビ。ドライブレコーダーはほんのおまけ程度なのだが、秒間フレーム数の設定が可能。画質は標準機能と同様3種類なのだが、秒間フレーム数を5/10/20/30fpsの4段階で選べるのだ。5や10にしておけば、長時間のドライブでも対応できそう。

 「ナビロー」はナビアプリなので、ドライブレコーダーが動作していても画面には表示されないのが残念。録画ボタンをオンオフしたときにメッセージが表示されるのみだ。とは言え、その間はずっとバックグラウンドで撮影してくれるので、動画が必要になったときは任意の長さで切り出すことができる。

 録画は、ナビ中もしくは走行モードでメニューを開き、左上のビデオカメラアイコンをタップすることでオンオフできる。画質はあらかじめ設定画面から変更しておこう。まずは「設定」から「ドライブレコーダー設定」を開き、「画質」をタップ。画質とフレーム数を選択する。社内の音声も録画しておきたいなら「音声録音」のスイッチをオンにしておく。当然録画データの容量は大きくなるので注意すること。また、初期設定では録画できるのは最大500MBまでとなっている。録画容量は500MB/1GB/2GB/4GB/無制限の5段階から選べるので、iPhoneの容量いっぱいまで録画するつもりなら、無制限にしておこう。

【無料カーナビ】ナビロー ~渋滞回避、ドライブレコーダー付ナビアプリ~ App
価格無料 作者DeNA Locations Co., Ltd.
バージョン1.3.1 ファイル容量21.7 MB
カテゴリーナビゲーション 評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 7.0以降
GoogleやFacebookなどのアカウントでログインする。ログインしなくても使うことは可能ニックネームを登録する
チュートリアルが表示されるのでスライドして読了する歯車アイコンをタップして設定画面を開いたら、「ドライブレコーダー設定」をタップする画質を選択する。長時間ドライブなら、秒間の録画フレーム数を落としておこう
ホルダーにセットして運転スタートナビ中の画面。メニューを開き、左上のビデオカメラアイコンをタップする
録画開始のメッセージが表示される。その後プレビュー画面などは表示されないが、バックグラウンドで録画されているビデオカメラアイコンにもう一度タップすると録画が終了する
「設定」の「ドライブレコーダー」設定から動画を再生できる項目をタップするとエクスポートしたり削除したりできる再生ボタンを押すと動画が再生される。特に地図や日時などの情報は表示されない

 以上が、無料アプリでiPhoneをドライブレコーダーにする技だ。「Safety Sight」も「ナビロー」も高機能で、無料というのが信じられないほど。事故の時だけ録画したいか、走行中の映像をずっと残したいかによって、どちらかのアプリを選ぶといいだろう。動画はカメラロール経由でPCなどに取り込むこともできる。

 1点アドバイスをするなら、今回の記事のために適当にiPhoneホルダーを購入して設置したのだが、直射日光が当たってしまった。作業が終了して取り外したら、相当熱くなっていたので危険かも。iPhoneを設置する際は、もっと車の内側で陰になるところに設置することをオススメする。


筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「銀座のバーがウイスキーを70円で売れるワケ」(日経BP社)、「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン