このページの本文へ

サクっと解決! マイナンバーにまつわる素朴な疑問第4回

副業が給与所得になる人は特別徴収額の決定通知書に注意!

マイナンバーで副業が会社にバレるって都市伝説?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Q:マイナンバー制度で副業が会社にバレてしまうの?

A:マイナンバーが導入されても、納税の手続きが変わるわけではありません。マイナンバーの導入によって、新たに副業が会社にバレるということはありません。また、民間の事業者がマイナンバーを使って、個人の所得に関して調査することもできません。

 しかし、マイナンバー制度の導入以前でも副業で一定以上の収入を得ている場合は、バレる可能性がありました。

 住民税の税額などは、特別徴収額の決定通知書により、給与支払者を通じて納税義務者に通知されます。この通知書には、前年の給与収入の合計額が記載されています。そのため、副業が給与所得になる人は、勤務先の会社が支払った給与額と比較して、副業を行っている事実が判明する可能性はあります。


カテゴリートップへ

この連載の記事
お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新